G-1JHRHQCPLD 韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査! - K Village が運営する韓国情報サイトK Village MODULY Web(モドゥリーウェブ)
韓国ドラマ

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査!

MODULY 編集部

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査!

2022年6月から配信されている話題の韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』は、ヨ・ジングとムン・ガヨン主演のファンタジーミステリーです。

ある日突然他人の感情がリンクしてしまう男性と、謎を抱えた女性が繰り広げる物語。

主人公を取り巻く登場人物も個性豊かでサスペンス要素とヒューマンドラマ要素も楽しめる作品です。

今回は、そんな韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地をご紹介していきましょう!

ソウルの街を中心に、ロケ地として有名な場所や観光スポットが登場します♪

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「宝亭洞カフェ通り」

引用元:seoul NAVI公式サイト
https://www.seoulnavi.com/miru/1734/

ゲフンとダヒョンがリンクする運命の場所

ウン・ゲフン(ヨ·ジング)が第1話でシェフの仕事を終え、この道を歩いていると突然心臓の鼓動が高鳴ります。

思わず立ち止まったゲフンの横を、ノ・ダヒョン(ムン・ガヨン)が通り過ぎていくのでした。

まるで時間が止まったかのような運命の瞬間のシーンは、「宝亭洞カフェ通り」で撮影されました。

宝亭洞カフェ通りは、地元の人たちに人気のカフェやショップが立ち並ぶエリア。

龍仁の近くにあり、“第二のカロスキル” ともいえるおしゃれ感のある街並みが特徴です。

そして何より、韓国ドラマのロケ地聖地としても有名な場所。

運が良ければドラマ撮影に遭遇するなんてこともあるかもしれませんね♪

韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』、『九尾の狐とキケンな同居』、『紳士の品格』、『ドドソソララソ』など数多くの名作に登場したロケ地です。

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「宝亭洞カフェ通り」基本情報

名称 宝亭洞カフェ通り
住所 京畿道 龍仁市 器興区 宝亭洞
営業時間 店舗によって異なる(通りは24時間)
公式サイト なし
アクセス 水仁-盆唐線「竹田駅」2番出口より徒歩15分

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「パークキャッスル94」

引用元:NAVER MAP公式サイト
https://bit.ly/3vOX0fN

ダヒョンが住むアパート

ダヒョン (ムン・ガヨン)が住むアパートで、この建物の2階に住んでいます

おしゃれで都会的な建物なこのロケ地は、「パークキャッスル94」というソウルの広津区陵洞にあるアパートメント・マンションです。

有名なスポット「オリニ大公園」のすぐ北側にあり、2020年に建てられたばかりという新しい建物。

1階には店舗が入っており、2階から上は住居になっているようです。

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「パークキャッスル94」基本情報

名称 パークキャッスル94
住所 ソウル特別市 広津区 千戸大路116ギル94
営業時間 なし
公式サイト なし
アクセス ソウル地下鉄5号線、7号線 「君子(クンジャ)駅 」6番出口より徒歩10分

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「トリプルストリート」

引用元:トリプルストリート公式サイト
http://jp.triplestreet.co.kr/triplestreet/tri_01_s01.html

ショッピング中に行方不明のゲヨンを見かけたと思い込み、取り乱す母をダヒョン(ムン・ガヨン)とともに行動したゲフン(ヨ・ジング)が助けにいくショッピングモールです。(第5話)

この広いショッピングモールは、2017年の春にオープンした「トリプルストリート」で、仁川(インチョン)南部の松島(ソンド)国際都市にある大型ショッピングモール。

A棟からD棟までテーマごとの4棟で構成されており、広い店内にはグルメからファッション、コスメや映画館までと幅広く兼ね備えた人気のスポットとなっています。

韓国ドラマ『梨泰院クラス』、『オー・マイ・ベイビー』、『キング:永遠の君主』などのロケ地としても使用されました。

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「トリプルストリート」基本情報

名称 トリプルストリート
住所 仁川広域市 延寿区 松島洞 176-1
営業時間 10:00〜22:00
公式サイト http://en.triplestreet.com/
アクセス 仁川1号線「テクノパーク駅」2番出口徒歩10分

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「松坡ナル公園」

引用元:KOREA triptips公式サイト
http://www.koreatriptips.com/ja/tourist-attractions/1546012.html

ウォンタクとミンジョの思い出の場所

第10話、警察官ファン・ミンジョ(イ・ボムソリ)は、夜のパトロール中に偶然捨てられていたピアノを見て、チ・ウォンタク(ソン・ドクホ)との思い出を回想します。

公園の湖の湖の上のピアノ」で、ウォンタクが自分のために曲を演奏した瞬間を思い出していたのでした。

そしてミンジョは、訳ありで疲労していたウォンタクと偶然に出会い、ハグをするという胸キュンシーンです♪

撮影で使われたのは、人気遊園地のロッテワールド近くに位置している松坡(ソンパ)ナル公園です。

大きな湖は、石村(ソクチョン)湖という東湖と西湖という2つの湖で構成されています。

ロッテワールドの様子も眺められ、夜景も美しい場所です。

そして何より4月上旬から中旬ごろには、見事な枝垂れ桜などの桜の花が満開に咲き誇ります。

ロケ地としては他にも、韓国ドラマ『欠点ある恋人たち』、『最高の愛 〜恋はドゥグンドゥグン〜』などで使用されました。

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「松坡ナル公園」基本情報

名称 松坡(ソンパ)ナル公園
住所 ソウル特別市 松坡区 蚕室洞148
営業時間 24時間
アクセス ソウル地下鉄2号線・8号線「蚕室駅」3番出口より徒歩10分

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「クァンインサギル」

引用元:GoogleMAP公式サイト
https://bit.ly/3deqQ70

ダヒョンとゲフンが再会する雨の日

最終回16話で、ダヒョン(ムン・ガヨン)雨宿りしていると、ゲフン(ヨ・ジング)が傘を差し出して再会し、愛を告白する感動シーン

美しい街並みが印象的なこのロケ地は、「クァンインサギル」という「パジュ出版都市」の通りの一部です。

ソウルの郊外である京畿道坡州市にある、出版関係企業が集う計画都市にあります。

韓国ドラマ「恋愛ワードを入力してください ~Search WWW~」のロケ地としても使用されています。

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のロケ地「クァンインサギル」基本情報

名称 クァンインサギル
住所 京畿道 坡州市 文発洞520-11
公式サイト http://www.hangilsa.co.kr/main/main.php
アクセス ソウル地下鉄2、6号線「合井駅」1番出口
「合井駅バス停」から「茶山大橋バス停」(30分)より歩いて2分

《まとめ》韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査!

引用元:tvN公式サイト
https://bit.ly/3QuWWcS

今回は韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地をご紹介していきました。

韓国ソウルの広大な人気の公園や、郊外である京畿道や仁川の素敵すぎるスポットなど、物語を彩る最高のロケ地ばかり♪

地下鉄やバスでも行ける交通の便がいいのもポイントです。

ぜひ韓国に行った際には、足を伸ばしてみてくださいね。

 

韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』特集!

【ヨ・ジング主演】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のあらすじや見どころ、キャストをご紹介!

あわせて読みたい
【ヨ・ジング主演】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のあらすじや見どころ、キャストをご紹介!

【ヨ・ジング】子役出身 韓国俳優ヨ・ジングってどんな人!?出演作や性格も徹底調査!

あわせて読みたい
【ヨ・ジング】子役出身 韓国俳優ヨ・ジングってどんな人!?出演作や性格も徹底調査!

【ムン・ガヨン】『女神降臨』『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

あわせて読みたい
【ムン・ガヨン】『女神降臨』、『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

【セブチ、ジャネット・スー参加OST】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の心華やぐOSTを大特集!

あわせて読みたい
【セブチ、ジャネット・スー参加OST】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の心華やぐOSTを大特集!

ABOUT ME
MODULYweb編集部
MODULYweb(モドゥリーウェブ)は株式会社K Villageが運営する韓国情報サイトです。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。
記事URLをコピーしました