【ムン・ガヨン】『女神降臨』、『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

韓国ドラマ

【ムン・ガヨン】『女神降臨』、『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

高身長ですらりとした抜群のスタイルに、愛らしいビジュアルを持ち、韓国を代表する次世代の「ラブコメクイーン」との評価も高い女優、ムン・ガヨン

感情豊かな表現が武器の、実力派若手女優です。

2021年に放送され、現在(2022年)日本でも配信が始まっている人気韓国ドラマ『女神降臨』に主演していることでも話題になっています。

今回は、そんな韓国女優ムン・ガヨンについて、デビューのきっかけからおすすめ出演作まで、徹底調査していきましょう!

子役出身というムン・ガヨンの全てをたっぷりお届けします♪

ムン・ガヨンってどんな人!?プロフィール♪

引用元:KEYEAST公式NAVER
https://bit.ly/39gQTst

本名ムン・ガヨン 문가영
生年月日1996年7月10日
出身地ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州 カールスルーエ
身長169cm
体重46kg
血液型A型
学歴豊文女子高等学校 卒業
成均館大学 演劇芸術学科 在学中
所属事務所KEYEAST
公式Instagram@m_kayoung
愛称ムンガ / ピョンアリ / ボスユジョン(バスの妖精)

ムン・ガヨンのデビューのきっかけは!?

引用元:KEYEAST公式NAVER
https://bit.ly/3zAc3we

ムン・ガヨンはドイツで生まれ、小学校3年生の9歳の時に韓国に戻ってきたそうです。

父親は物理学者で、母親はピアノとチェロの音楽家、そしてお姉さんの4人家族。

英語、ドイツ語、韓国語の3ヶ国語が話せるムン・ガヨンは、お姉さんと話すときは英語とドイツ語混じりの韓国語なんだそう。

演技の道に進んだのは親戚の叔父さんたちが広告会社のモデル募集に、当時まだ8〜9歳だったムン・ガヨンの写真を送ったのがきっかけです。

広告モデルに抜擢され、その後10歳のころに映画『師の恩』で子役デビュー

その後も、子役としてドラマや映画に出演し、2014年M-netのWEBドラマ『Mimi』で、子役ではなく初めての主演を務めました。

以後、数々の主演を演じるようになり現在のムン・ガヨンに至ります。

2022年6月6日からtvNと、Desney+で日韓・世界で同日放送の主演韓国ドラマ『リンク:2人のシンパシー(原題:食べて愛しなさい、しびれるように)』が放送開始しています!

ムン・ガヨンは子役出身!?

引用元:ジョイニュース24公式
https://bit.ly/3NV8jto

10歳の頃から人気子役としてさまざまな作品に出演してきた、ムン・ガヨン

週の5日を撮影現場で過ごし、学校にいるより撮影現場にいることの方が多い生活だったようです。

本人自身が2008年のインタビューでは(12歳時)、明け方までの撮影の時が一番大変だったと答えています。

明け方に雨が降ったりした中での撮影では、体調を崩してしまうこともあったそうです。

しかし、そんな中でも「演技は面白くて、楽しい!」と素直に答えていた少女の頃のムン・ガヨン。

そんな当時のムン・ガヨンにとって、お母さんは友達であり先生の役割をしてくれていたそうです♪

たとえば撮影の待機時間には、勉強を教える厳しい先生の役割を。

そして暇ができたら、映画館や動物園に連れていってくれる友達のような役割をしてくれたムン・ガヨンママ。

そんなお母さんに今でも感謝しているといいいます♪

現在でも当時のいくつかの作品は、視聴できますが、その演技力と表現力は圧巻なんです!

当時から、生まれ持った演技者と評されているムン・ガヨン。

今ではトップ女優の地位にいますが、子どもの頃から天才肌だったようですね。

引用元:tvN公式サイト
https://bit.ly/3NAM8ZO

ムン・ガヨンの出演作一覧♪

引用元:tvN公式サイト
https://bit.ly/3Q9QFnE

韓国ドラマ

「墜落天使ジェニー」(2006年 Mnet)

「山向こうの南村には」(2007年 KBS)

「宮S」(2007年 MBC)

「魔女ユヒ」(2007年 SBS)

「楽しい科学の国」(2007年 KBS)

「甘い人生」(2008年 MBC)

「幻の王女チャミョンゴ」(2009年 SBS)

「友へ、私たちの??」(2009年MBC)

「グッドフレンズ」(2010年 KBS)

「名家」(2010年 KBS)

「赤と黒」(2010年 SBS)

「普通の恋愛」(2012年 KBS)

「君を守る恋~Who Are You~」(2013年 tvN)

「王家の家族たち」(2013年 KBS)

「Mimi」(2014年 Mnet)【初主演】

「EXO NEXT DOOR~私のお隣さんはEXO」(2015年 NEVER TV)【主演】

「魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋〜」(2016年 JTBC)

「嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中〜」(2016年 SBS)

「医心伝心〜脈あり!恋あり?〜」(2017 tvN)

「偉大な誘惑者」(2018年 MBC)【地上波初主演】

「ウラチャチャ!?~男女6人恋のバトル~」(2019年 JTBC)【主演】

「その男の記憶法」(2020年 MBC)【主演】

「女神降臨」(2020年 tvN)【主演】

「リンク:2人のシンパシー(原題:食べて愛しなさい、しびれるように)」(2022年6月6日〜 tvN / Desny+)【主演】

ムン・ガヨンの性格は!?

引用元:ELLE KOREA公式サイト
https://www.elle.co.kr/article/64824

ムン・ガヨンの性格は、「気さくで明るい元気な女性」そのものなんだそう♪

自身でも、インタビューで「明るい方で、決しておとなしくない性格」だと自認しているほどです。

2020年にレギュラー出演していたリアルバラエティーショー『食ベンジャーズ』(現在M-net Smartで視聴可能)では、積極的で、パワフルでキュートな一面が垣間見られます。

同じく子役出身で子ども時代に共演経験のある、ASTRO ムンビンとの掛け合いも、まるで兄妹のようなじゃれあい♪

女優としてだけではなく、年相応の明るくキュートな女性としても魅力たっぷりのムン・ガヨンです。

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/olive/olivefoodavengers

ムン・ガヨン出演のおすすめ韓国ドラマ『その男の記憶法』をご紹介!

引用元:MBC公式サイト
https://bit.ly/3mDqhEV

見どころとムン・ガヨンの役柄

ムン・ガヨン主演、2020年春に放送された韓国ドラマ『その男の記憶法』をご紹介します。

“過剰記憶症候群”をもち、365日全てを記憶するキャスターと、自由奔放なトップ女優が織りなすラブロマンス・ストーリー!

共演は、韓国ドラマコーヒープリンス1号店』に出演で知名度を上げた、俳優キム・ドンウクです。

劇中、ムン・ガヨンは天真爛漫なトラブルメーカーでもあるトップ女優を演じます。

その年のMBC演技大賞では、ムン・ガヨンとキム・ドンウクはベストカップル賞を受賞しました♪

特別出演に、ロウン(SF9)やキム・ソノも出演しているので注目です。

あらすじ

ニュース番組のキャスターのイ・ジョンフン(キム・ドンウク)は、アンカーを務める番組の顔。

生放送であるニュース番組中、何が起きても冷静で取り乱さないジョンフンは、世間からの支持も得ています。

TV局のスタッフや視聴者からも信頼されているジョンフンでしたが、実は秘密を抱えていました。

その秘密とは、“過剰記憶症候群”といい、見たものを全て記憶し、忘れることができないという症状を持っているということ。

ジョンフンは、かつて愛した恋人が目の前で亡くなった辛い記憶も、和らぐことなく鮮明に蘇り苦しんでいるのでした。

ある時ジョンフンのニュース番組に、お騒がせトップ女優のヨ・ハジン(ムン・ガヨン)がゲストとして出演します。

ハジンの空気が読めない発言と、生放送中のある言葉に思わず戸惑うジョンフン。

それはかつて亡くした恋人が言った言葉そのものだったのでした。

怒りと苛立ちを覚えたジョンフンは、もう二度と会うまいと、一旦心を落ち着かせるものの、局長から呼び出されハジンと会食をする羽目になります。

案の定、会食中にもジョンフンとハジンは口論となり、店を出る2人。

しかし、そんなところを週刊誌に取られ、2人が会っていたというスキャンダルが出てしまいます。

ジョンフンに対して好意を感じているハジンは、迫る記者に「交際している」と伝えるのでした。

いっぽう、ハジンを見るたびに過去の記憶に苦しむ、ジョンフン。

それでもジョンフンに飾りなく真っ直ぐ向き合ってくる、ハジン。

次第に、ジョンフンもハジンに惹かれていきます。

しかしハジンには彼女さえ忘れていた亡き恋人との、ある共通するつながりがあったのでしたが……。

引用元:MBC公式サイト
https://bit.ly/3aHTkV8

《まとめ》【ムン・ガヨン】『女神降臨』、『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

引用元:ELLE KOREA公式サイト
https://www.elle.co.kr/article/64824

今回は、韓国ドラマ『女神降臨』や『その男の記憶法』などさまざまな作品で主演を演じる、女優ムン・ガヨンについて徹底調査していきました。

ドイツ生まれの子役出身で、小学生の頃から多忙な日々を送ってきたムン・ガヨン。

持ち前の明るい性格と、大好きな演技の努力の甲斐もあって今では主演級のトップ女優として歩んでいます。

2022年6月からは、韓国ドラマ『リンク:2人のシンパシー』が日韓同日で放送開始されています

これからのムン・ガヨンの活躍も非常に楽しみですね♪

韓国ドラマ『女神降臨』特集

【チャ・ウヌ/ファン・イニョプ共演】韓国ドラマ『女神降臨』ってどんなドラマ!?あらすじや見どころ、キャストなどくわしくご紹介!

【ムン・ガヨン】『女神降臨』、『その男の記憶法』主演のムン・ガヨンってどんな人!?徹底調査!

【チャ・ウヌやファン・イニョプも参加】韓国ドラマ『女神降臨』のキュートでときめくOSTを大特集!

韓国ドラマ『女神降臨』のロケ地って!?気になるロケ地を徹底調査!

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

MODULY 韓国情報アプリ

最近の記事

  1. 【パク・ソジュン/キム・ダミ主演】韓国ドラマ『梨泰院クラス』のあらすじや見どころ、キャストを詳しくご紹介!【日本リメイクも決定】

  2. 【H1-KEY(ハイキー)ソイ】H1-KEYのリーダーでビジュアル担当の「ソイ」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

  3. 【H1-KEY(ハイキー)リイナ】PRODUCE48にも出演!H1-KEYの日本語も話せる「リイナ」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 【パク・ソジュン/キム・ダミ主演】韓国ドラマ『梨泰院クラス』のあらすじや見どころ、キャストを詳しくご紹介!【日本リメイクも決定】

  2. 【H1-KEY(ハイキー)ソイ】H1-KEYのリーダーでビジュアル担当の「ソイ」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

  3. 【H1-KEY(ハイキー)リイナ】PRODUCE48にも出演!H1-KEYの日本語も話せる「リイナ」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

  4. 【H1-KEY(ハイキー)フィソ】2022年7月からH1-KEYの新メンバーとして加わった「フィソ」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

  5. 【H1-KEY(ハイキー)イェル】H1-KEYのカリスマ性があるマンネ「イェル」ってどんな人?その魅力や素顔が明らかに!

  6. 【ロケ地】韓国ドラマ『先輩、その口紅塗らないで』のロマンティックなロケ地を徹底調査!

  1. 【H1-KEY(ハイキー)】2022年デビュー!外面、内面ともに強く美しいH1-KEY(ハイキー)の魅力とメンバープロフィールを紹介!

  2. ドン・キホーテで買える韓国食品おすすめ11選!〜ライター実食レポ付〜

  3. 【今さら聞けない⁉】BTSってどんなグループ?世界的グループのBTSを徹底分析!

  4. 【LE SSERAFIM(ル セラフィム)】BTSの妹グループがついにデビュー!LE SSERAFIM(ル セラフィム)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  5. 【決定版】韓国人気雑貨店7選♡定番チェーン店から個人店まで旅行中はここに行け!

  6. 【アン・ヒョソプ】韓国ドラマ『社内お見合い』『アビス』主演のアン・ヒョソプってどんな人!?徹底調査!

  1. ドン・キホーテで買える韓国食品おすすめ11選!〜ライター実食レポ付〜

  2. 【今さら聞けない⁉】BTSってどんなグループ?世界的グループのBTSを徹底分析!

  3. 【LE SSERAFIM(ル セラフィム)】BTSの妹グループがついにデビュー!LE SSERAFIM(ル セラフィム)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  4. 【決定版】韓国人気雑貨店7選♡定番チェーン店から個人店まで旅行中はここに行け!

  5. 【アン・ヒョソプ】韓国ドラマ『社内お見合い』『アビス』主演のアン・ヒョソプってどんな人!?徹底調査!

  6. 【NMIXX(エヌミックス)ヘウォン 】NMIXXのリーダー HAEWON(ヘウォン )の魅力や経歴を徹底分析します!

Twitter by KASIODA

TOP
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。