G-1JHRHQCPLD 【2024年】釜山特集③ 一泊二日のひとり旅モデルコースはこちら❤️|韓国情報メディアK Village MODULY Web(モドゥリーウェブ)
韓国ガイド

【2024年】釜山特集③ 一泊二日のひとり旅モデルコースはこちら❤️

追久保佳奈

ひとり旅行も十分に楽しめる釜山がオススメ♡

kasioda編集部(現地ライター)

韓国第二の都市として、美しい海や海鮮物、ロケ地で溢れている釜山。日本から直通で行けたり、ソウルからもKTXで約2時間半で行けることから日本人はもちろん、韓国人の訪れる観光地として大人気なんです!

ソウルは肌管理や買い物目的でひとりで渡韓される方も多い都市ですが、実は釜山もひとりで十分楽しめる場所。そこで今回は2024年最新の釜山情報シリーズの3つ目として「一泊二日の女子ひとり旅モデルコース」をご紹介していきます!

シリーズ1と2では「便利なソウル→釜山までの行き方4選!」、そして「釜山まで格安で行ける❣️ 外国人専用コレイルパスをご紹介✨」の二つを公開しておりますので、釜山旅行を検討されている方はぜひ一度目を通してみてくださいね☆

ひとり旅の注意点

kasioda編集部(現地ライター)

冒頭でもお伝えしている通り、釜山はひとり旅行でも十分に楽しめる場所ではあるのですが、ひとり旅での注意点がいくつかありますので、最初にお伝えしておきます。

  1. 釜山グルメ「ナッコプセ」は2人前からの注文が多い(1人前から注文できるチェーン店があるのでそちらを調べるか、1人でも2人前以上注文すれば問題なし☆)
  2. 無理な呼び込みやぼったくりに注意(一人の外国人だからと市場や屋台など場所や時間によっては強めに呼び込みをされる場合もあります。きちんとNOを言えること、ぼったくりに関しても事前に予算を伝えるなどして対策しましょう。

一泊二日モデルコースはこちら❣

【1日目】

1.11:00 釜山到着後ポハンテジクッパ(포항돼지국밥)で釜山グルメの朝&お昼ご飯

kasioda編集部(現地ライター)

11時ごろ釜山駅に到着した後、地下鉄で滞在ホテルまで移動。まずは荷物を預けて身軽な状態にしておくのがオススメ!

ソウル駅からの出発時間が7時代と早朝だったため、朝ごはん兼お昼ご飯として、釜山名物のテジクッパをいただきました☆早朝からの移動で疲れた身にしみ~る味で最高でした!

釜山グルメの詳細や現地韓国人もオススメするお店のご紹介はまた次回以降記事をUPしていきますので、ぜひご覧くださいね!

2.13:30 海雲台ブルーラインパーク(해운대블루라인파크)を観光

引用元:https://www.bluelinepark.com/jpn/booking.do

昼食後はバスで海雲台(ヘウンデ)まで移動し、2020年にできたばかりの海雲台ブルーラインパークを観光。

少人数で乗車しゆっくりと進む「海雲台スカイカプセル」と他の乗客と一緒に乗車する「海雲台海辺列車」の2種類あるのですが、金額や乗車時間が異なるため旅行や予算の都合に合わせて乗るのがオススメ。

電車からの景色は絶景で、天気が良ければ日本の対馬も見えるそう。

3.15:00 海東龍宮寺(해동용궁사)で願い事を叶えてもらおう

kasioda編集部(現地ライター)

海雲台ブルーラインパークと同じ地域にある海東龍宮寺。韓国のお寺といえば山中にある建物が多いのですが、こちらは岩場に建てられた珍しいお寺で、誰もが心から祈りさえすれば必ず一つの願い事を叶えてくれると言われています。

階段や岩が多い道のりのため、動きやすい服装や靴、飲料水、日焼け止めなどしっかり準備をしておくのがオススメ。

4.16:00 ロッテアプレミアムアウトレット(롯데프리미엄아울렛)でショッピング

kasioda編集部(現地ライター)

海東龍宮寺すぐ近くにあるアウトレットでお得に韓国ブランド商品をショッピング!

日本にもある海外ブランドはもちろんですが、Matin Kim等の韓国ブランドも多く出店しているので、せっかく韓国に来たからにはぜひお得に韓国ブランドを買ってみてください✨

平日はお客さんも少なく、かなりお買い物がしやすい場所でした。

タックスフリーも店舗によって対応可能ですので、会計時にパスポートの提示をお忘れなく!

5.18:00 チャガルチ市場(부산자갈치시장)で海鮮夜ごはん

kasioda編集部(現地ライター)

海雲台エリアから北のエリアに移動し、チャガルチ市場へ。

筆者が釜山を訪れて絶対に食べたかったのが目の前で新鮮な魚や貝などをさばいてくれる市場での海鮮&お刺身です!

ただこちらは韓国語を話せないと意思疎通が少々難しい&場合によってはぼったくられる可能性(かなり対策されるように変わってはいるようですが)もあるため、チャレンジ精神の高い方におすすめの食べ方です!笑

さばいてもらった後は2階の食堂で食べることができます。テイクアウトも可能なため、ホテルが近い方やそのままホテルに直行で戻る方は帰ってゆっくり食べるのもオススメ。

6.19:00 BIFF広場を観光しながらシアホットクを食べ歩き!

kasioda編集部(現地ライター)

チャガルチ市場のすぐそばには、BIFF広場と呼ばれるホットク屋台が並んでいる通りがあります。さらにそのすぐ近くに釜山映画祭に参加した監督や俳優たちの手形が地面に埋め込まれているため要チェック✅

名物のシアホットクは絶品でした…!!!

【2日目】

1.10:00 釜山名物ミルミョン(서면개금밀면)で朝ごはん

釜山名物であるミルミョンを最後のごはんとして食べる予定だったのですが、朝の弱い筆者は起きられず断念…。

しかし7,000ウォン程度で食べられるミルミョン屋さんは釜山市内に多くありますので、ぜひみなさんは一度食べてみてください!

2.11:30 釜山駅で釜山かまぼこを持ち帰り!

kasioda編集部(現地ライター)

釜山名物として老舗であるかまぼこ店舗が、釜山駅KTX乗り場のすぐ近くにあります。また老舗の釜山パン屋さんも入っているので、最後の釜山土産としてお買い物するものオススメ!

筆者はミルミョンを食べることができなかったので、釜山かまぼことパンを買いKTXでおいしくいただきました♪

オススメの釜山グルメ特集もお楽しみに♡

kasioda編集部(現地ライター)

今回はひとり旅のモデルコースとして、実際に筆者が訪れた観光地をご紹介しました!

次回以降は釜山のおすすめグルメもご紹介していきますのでお楽しみに~!

 


ABOUT ME
MODULYweb編集部
MODULYweb(モドゥリーウェブ)は株式会社K Villageが運営する韓国情報サイトです。
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。
記事URLをコピーしました