ソウルに行ったら絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」

韓国グルメ・カフェ

ソウルに行ったら絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」
日本では2年ほど前からロブスターブームが起こり、ロブスターロールの専門店「LUKE’S」が東京・大阪・神戸に出店していますが、実は韓国でもロブスターがブームになっているのをご存知でしょうか?

韓国に住んでいると、いつも驚かされるんですが、韓国の人って本当に行動が早いんですよ。

流行ると分かったらすぐに出店!あっという間に似たような店があちこち増えるので、ロブスターの店もここ2年でかなり多くなりました。

そんな韓国に数多くあるロブスター料理店の中でも、特に有名なのはソウルの蚕室(チャムシル)にある「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」です。

ここは、ロブスターをはじめとする豪華な海鮮料理が、お腹いっぱい食べられると評判の高級ビュッフェ店なんです。

なかなか予約が取れない店としても有名なのですが、今回ついに行くことができましたので、そのときの様子をくわしくレポートします!

韓国ロッテワールドモールにある海鮮ビュッフェの予算

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」
韓国の「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」は、ロッテワールドモールという大型ショッピングモールの4Fにあります。

地下鉄2.8号線の蚕室(チャムシル)駅から直結していてアクセスが良く、近くにロッテワールドという遊園地もあるため、韓国旅行ではぜひ訪れたい場所のひとつです。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」
気になるビュッフェの値段は、なんと100ドル!私が行った日のレートでは、116,800ウォンでした。

その日のレートによって値段が変動するので、ドル安のときを狙って行くのがおすすめです。

10万ウォンを超えるので簡単に行くことはできませんが、ロブスターが食べ放題なので、値段はこれぐらいが妥当なんでしょうね。

口コミ良し!味わえないほど贅沢な海鮮料理

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

今回は平日のランチタイムに訪問したのですが、制限時間ギリギリまで食べようと、開店前から店の前で待機していました。

店に入ってまず目に飛び込んできたのが、大量に積み上げられたロブスターです。 中にはまだ生きているものもあり、その新鮮さにビックリ!

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

新鮮なロブスターが店内で豪快に蒸しあげられ、ドカっとお皿に盛られて大興奮!

身は大きくプリプリしていて、ロブスター本来の甘みもあり、とても美味しかったです。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

こんな贅沢なロブスターが食べ放題なのですから、100ドルを出した甲斐がありました♪

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

次に向かったのはグリルコーナー。

ロブスター、海老、サーモン、肉などが並べられており、その中から好きなものを3つ選んでグリルしてもらいます。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

調理に少し時間がかかるため、注文後はロブスターの形をした可愛いベルが渡され、出来上がってベルが振動するまで席で待機。

ベルの形にまでこだわるなんて、さすがと高級ビュッフェといったところです。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

寿司、中華、ユッケなど、ロブスター以外の料理も豊富にあり、高級ビュッフェなだけあって一品一品の料理がとても美味しく、前菜もまるで一流レストランのようにオシャレでした。

マンゴーやフレッシュジュース、ケーキも外せない

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

韓国の「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」に行くと、ロブスターだけをお腹いっぱい食べそうになりますが、デザートもとても豪華で美味しいので、その分のお腹はぜひ残しておきたいところ。

果物コーナーでは季節のフルーツをその場でカットしてくれ、好きなだけ味わうことができます。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

マンゴーが丸ごと食べ放題だなんて、まるで夢のようですよね!

搾りたてのフレッシュジュースも、人工的な甘さがなく、素材そのものの味が活かされていて、スッキリとした飲み心地です。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

そしてケーキは、なんと韓国ソウルの狎鴎亭(アックジョン)にある有名ベーカリー「NOAH BAKERY」から提供されたものが並びます。

一切れあたりが少し大きいですが、有名店のケーキなだけあって味は抜群!2.3人でシェアして全種類制覇したいところです。

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」

さらに凄いのが、シンガポールの高級紅茶ブランド「TWG」の紅茶と、バリスタの世界チャンピオン「Paul Bassett」のコーヒーまで飲み放題なこと。

美味しい料理とデザートをお腹いっぱい堪能したあとは、高級紅茶とコーヒーでゆっくりとティータイム。

平日のランチは制限時間が4時間だったので、たっぷりと時間を使って優雅なひとときを過ごすことができました。

韓国の高級海鮮ビュッフェ VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)

絶対行きたい!韓国ソウルの海鮮ビュッフェ店「バイキングズワーフ」
韓国の高級海鮮ビュッフェ「VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)」は、ソウルの東側にある蚕室(チャムシル)駅近くにあります。

店舗名 VIKING’S WHARF(バイキングズワーフ)
住所 ソウル特別市 松坡区 新川洞 29
ロッテワールドモール4F
TEL 02-3213-4450
アクセス 地下鉄2・8号線 蚕室(チャムシル)駅直結
定休日 不定休
営業時間 平日ランチ  11:30~15:30
平日ディナー 18:00~22:00
週末ランチ  11:30~13:30、14:00~16:00
週末ディナー 17:30~19:30、20:00~22:00

週末は2時間制になるので平日に行くことをおすすめしますが、予約を取る必要がありますので、レストランで使える最低限の韓国語をマスターしてから行きたいですよね。

そのためにも、まずは体験レッスンで、気軽に韓国語を触れてみるところからから始めてみませんか?

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は株式会社 K Village Tokyoが運営する韓国情報メディアです。

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

最近の記事

  1. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  2. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  2. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  4. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  5. 韓国ドラマ『mine(マイン)』が話題!豪華な衣装やロケ地3選

  6. 【SF9】SF9って?メンバー全員がモデル級のスタイル!?SF9について徹底解説

  1. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  2. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. 【SF9】SF9って?メンバー全員がモデル級のスタイル!?SF9について徹底解説

  4. 韓国ドラマ『mine(マイン)』って?あらすじ・キャストを紹介

  5. 大逆転アイドル!Brave Girlsって?メンバーやおすすめのMVを紹介!

  6. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  1. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  2. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  4. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  5. 韓国ドラマ『mine(マイン)』が話題!豪華な衣装やロケ地3選

  6. 【SF9】SF9って?メンバー全員がモデル級のスタイル!?SF9について徹底解説

Twitter by KASIODA

TOP