G-1JHRHQCPLD 人気メイクアップアーティスト監修!話題沸騰中のWonjungyoを徹底解説 - 韓国情報サイトK Village MODULY Web(モドゥリーウェブ)
韓国美容

人気メイクアップアーティスト監修!話題沸騰中のWonjungyoを徹底解説

内田様

メイクアップアーティス監修のコスメブランドWonjungyo(ウォンジョンヨ)とは?

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

Wonjungyo(ウォンジョンヨ)は、韓国のアイドルメイクをリードするメイクアップアーティスト、ウォン・ジョンヨ氏が手がけるコスメブランド。

彼女の長年にわたるプロのメイクノウハウを基に、誰でも簡単に再現できるメイク体験を提供することを目指しています。

ブランドは質感と色味にこだわり、7色のアイシャドウパレットやトーンアップベース、マスカラ、クッションファンデーションなど、韓国アイドル風のメイクを手軽に楽しめるアイテムを展開。

また、ブランドロゴにはウォン・ジョンヨのイニシャル「W」と輝きを象徴するダイヤが取り入れられています♡

メイクアップアーティスト「ウォン・ジョンヨ氏」ってどんな人?

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

ウォン・ジョンヨ氏は、2008年にメイクアップアーティストとしてキャリアをスタート。

大人気アイドルグループTWICEダヒョンツウィサナモモのメイクを専属で担当しており、その実力から知名度を高めました。

さらに、少女時代のソヒョンLE SSERAFIM(ル・セラフィム)など、他のトップアイドルグループのメイクも手がけています!

また、涙袋メイクの第一人者としても広く知られ、そのメイクスキルをWonjungyoのコスメを使って誰もが手軽に取り入れることも注目されています♪

ミューズはTWICEのモモ

引用元:Wonjungyo公式
https://www.wonjungyobeauty.jp/

Wonjungyoのブランドミューズには、世界的なアイドルグループTWICEのメンバーであるモモが抜擢されています。

モモはウォン・ジョンヨ氏が専属で担当するTWICEメンバーの一員で、明るく華やかなイメージに加え、誠実な努力家としても知られています。

これらの特性が、Wonjungyoのブランドイメージと完璧にマッチ!

TWICEモモが自らの等身大の姿で、Wonjungyoの理念である「メイクへの情熱や、新しい自分に出会う喜び」を表現しています♡

定番から新作まで!Wonjungyoの人気アイテムをご紹介

コスメツール

引用元:O-DAN
https://onl.tw/tTqT9vF

ここからは定番から新作まで、魅力的なWonjungyoのアイテムをご紹介します。

豊富なバリエーションの中から、お気に入りのコスメを見つけて、韓国アイドルのような魅力的なメイクを楽しんでください♪

W デイリームードアップパレット

引用元:Wonjungyo公式
https://www.wonjungyobeauty.jp/

多彩な質感が楽しめる7色のアイシャドウ&チークパレット。

マット、グリッター、シマーの3つの質感で立体的なアイメイクを演出。

さらに、♦︎部分はチークとしても使用可能◎

美容成分のスクワランとホホバ種子油が肌を保湿し、美しい仕上がりを持続させます。

なりたいフェイスに合わせて自在にアレンジできる、理想的なメイクパレットです♡

商品情報

価格(税込み) 2,420円
種類 全3色
01 ソフトモーブピンク
02 トレンチブラウン
03 ブロッサムコーラル

ヌードアイラッシュ

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

まつ毛の自然な仕上がりを叶えるマスカラ。

透け感のある発色が特徴で、ブラック&ブラウンファイバーがまつ毛にボリュームを与えます。

コームタイプの採用で、トレンドのセパレートまつ毛を実現!

ウォータープルーフ処方でお湯で簡単にオフできるのもうれしいポイント♪

さらに、保湿効果が期待できるパンテノールやオクタペプチド-2などの美容液成分も配合されています。

商品情報

価格(税込み) 1,430円
種類 全4色
01 シアーブラック
02 シアーブラウン
03 シアーグレー
04 シアープラム

トーンアップベース

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

華やかなアイドル肌を手に入れるための秘密兵器!

肌に溶け込むような光が、瞬時にトーンアップ効果を発揮。

まるで肌本来の美しさが引き立つような仕上がりです♡

SPF44・PA+++の優れたUVカット効果を持ちながら、紫外線吸収剤は不使用。

さらに、ヒアルロン酸、カミツレ花エキス、ホホバ種子油といった3種の美容液成分が配合され、肌に優しく心地よい使い心地です♪

黄みや赤みが気になる方や明るい白肌を目指す方におすすめ◎

商品情報

価格(税込み) 1,430円
種類 全2色
01 ピーチピンク
02 ライムイエロー

トーンアップベース NA

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

2023年9月15日に新登場したツヤ感溢れる”トーンアップベースNA”。

先ほど紹介したトーンアップベースと比べ、よりみずみずしいテクスチャーで、ブルーでも白浮きしにくく、美しい白肌メイクが叶います♡

SPF43 PA+++で紫外線吸収剤不使用、保湿成分が豊富に配合。

韓国メイクに欠かせない、明るく華やかな肌に仕上げてくれるので、黄みや赤みが気になる方や、透明感あふれる白肌をお求めの方にぴったりです。

商品情報

価格(税込み) 1,430円
種類 全1色
01 スカイブルー

ダイヤモンドライナー

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

ダイヤモンドのような輝きで目元を華やかに彩る、CipiCipiとWonjungyoのコラボアイテム、”ダイヤモンドライナー”。

高密着のウォーターベースで、まぶたにみずみずしくピタッと密着!

斜めカットのオリジナルブラシは自在に線を描くことができ、大粒パールを狙った場所に繊細にのせることができます◎

さらに、美容液成分が豊富に配合されており、目元をケアしながら華やかに演出。

発色の良さ、パールの大きさや色、ブラシの形状に至るまで、細部までこだわって開発されたグリッターライナーは、3色展開で、シーンやメイクに合わせて選ぶことができますよ♡

商品情報

価格(税込み) 1,540円
種類 全3色
01 ピンクフィーバー
02 アイスシュガー
03 メープルティー

フィクシングブラーパウダー

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

肌に優しくフィットする、触れたくなるようなふんわり質感のフェイスパウダー。

球状パウダーが毛穴をカバーし、肌を均一でなめらかに整えます。

ヒアルロン酸Naとアロエベラ葉エキスがコーティングしたエモリエントパウダーはしっとりとした質感で、化粧崩れを防ぎながら肌に密着。

花びら型パウダーは皮脂を素早く吸収し、サラサラ肌を持続させます。

さらに、保湿成分としてスクワラン・ホホバ種子油の美容成分が配合されています♪

商品情報

価格(税込み) 1,980円
種類 全2色
01 プレーン ピンク
02 プレーン ベージュ

どこで買える?Wonjungyoの取り扱い店をご紹介

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

Wonjungyoの商品を購入する際は、公式通販サイトがおすすめ◎

公式通販サイトでは先行発売や限定商品が販売されることもあり、公式サイトならではの特典やおまけもついてくる場合があります♪

直接、実物を見ながら購入したいという方には、PLAZA・Loft・東急ハンズ・ショップイン・アットコスメなどのバラエティショップがおすすめです!

さらに、Amazon・楽天・Yahoo!・ZOZOコスメなどでも取り扱いがある場合があります。

これらの通販サイトでは公式オンラインショップが出店している場合もありますので、確認してみてくださいね。

ただし、メルカリやヤフオクなどでの転売商品には注意が必要です。

正規品でない可能性があるため、公式な販売ルートでの購入をおすすめします。

プロが手がけるWonjungyoで新しい自分に出会おう!

引用元:https://twitter.com/wonjungyo_of_jp
@wonjungyo_of_jp

日韓で話題沸騰中のWonjungyoをご紹介しました。

韓国のトップメイクアップアーティストであるウォン・ジョンヨ氏が監修し、数々のアイドルたちに愛用されているWonjungyo。

公式通販やバラエティショップなどで購入できるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♡

あわせて読みたい
【2023年最新】韓国保湿クリームおすすめ人気BEST5

ABOUT ME
MODULYweb編集部
MODULYweb(モドゥリーウェブ)は株式会社K Villageが運営する韓国情報サイトです。
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。
記事URLをコピーしました