G-1JHRHQCPLD 【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!? - 韓国情報サイトK Village MODULY Web(モドゥリーウェブ)
韓国俳優

【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!?

NattsAhne

【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!?

2023年10月にNetflixで公開された『イ・ドゥナ!』に主演しているヤン・セジョン。

世界配信とあって、かなり注目されている韓国俳優です♪

他にも『私の国』や『浪漫ドクター キム・サブ』などヒット作にも出演している人気スターでもあります。

今回はそんな人気俳優ヤン・セジョンのプロフィールを徹底解剖してくわしくご紹介していきましょう!

デビューのきっかけや仲良しの俳優、飾らないその素顔まで一挙大調査です♪

あわせて読みたい
【Netflix】韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』のあらすじや見どころ、キャストをくわしくご紹介!

ヤン・セジョンのプロフィール♪

引用元:GQ KOREA公式サイト
https://x.gd/g1p6y

本名 양 세종 ヤン・セジョン
生年月日 1992年 12月23日
出身地 大韓民国 ソウル特別市
身長 181.8cm
血液型 B型
学歴 韓国芸術総合学校 演劇院 (演技科)
所属事務所 BLOSSOM エンターテイメント
MBTI ISTP
公式インスタグラム @bell.ysj/

ヤン・セジョンのデビューのきっかけは!?

引用元:BAZZAR KOREA公式サイト
https://www.harpersbazaar.co.kr/article/39662

ヤン・セジョンは中学校2年生から高校1年生までの2年間、本とDVDレンタル店でアルバイトをしていたんだそうです。

そこで多くの本を読み映画を知りました。

高校2年生の時に学校の行事で見に行った演劇「スノードロップ」を見て俳優という職業にインスピレーションを受け目指すようになったといいます。

実際は、その頃テコンドーの奨学生として大学入試も準備していたほどの実力があったんだとか。

そのまま進んでいたらテコンドー国家代表だっただろうと言われるほど!

しかし、進路変更して韓国芸術総合学校演劇院演技科に入学を果たしました。

両親からは死ぬ気で頑張りなさいと、俳優への道に賛成しましたが、祖父母は猛反対だったそう!

大学で演劇の基礎をしっかり学び、2015年にはドラマ『師任堂、色の日記』(実際の放送は2017年)に主演子役に抜擢され参加

実際のデビューは2016年に放送されたドラマ『浪漫ドクター キム・サブです。

この作品ではデビュー作ながらメインキャストの1人に大抜擢され、世間に存在を印象付けました。

2017年『デュエル〜愛しき者たち〜』では一人二役で初主演。

悪役と主人公を見事に演じ分け、その演技力の高さは視聴者・関係者すべてから好評を得ました。

同じ年のドラマ『愛の温度』にも出演し“SBS演技大賞” 、“第54回百想芸術大賞”、“第6回アジア太平洋スター賞” などで男性演技新人賞など3冠を達成!

人気主演俳優の仲間入りを果たします。

ドラマ『30だけど17です』(2018年)や『私の国』(2019年)でも主演を務め大好評を得たヤン・セジョン。
韓国のリアリティ・バラエティ『コーヒーフレンズ』にユ・ヨンソクらとともに出演し、シャイな人柄でさらに人気が爆発!

2023年にはNetflixドラマ『イ・ドゥナ!』に主演で世界からも注目されています。

日本でもファンミーティングをするほどのグローバルな人気と活躍で、現在に至ります。

ヤン・セジョンの出演作一覧♪

引用元:Netflix KR公式X
https://x.gd/vynuI

韓国ドラマ

浪漫ドクター キム・サブ」(2016年 SBS)

「師任堂、色の日記」(2017年 SBS)

「デュエル〜愛しき者たち〜」(2017年 OCN)

「愛の温度」(2017年 SBS)

「30だけど17です」(2018年 SBS)

「私の国」(2019年 JTBC)

浪漫ドクター キム・サブ2」(2020年 SBS)

イ・ドゥナ!」(2023年 Netflix)

ヤン・セジョンの私生活や性格は!?

引用元:ブロッサムエンターテイメント公式サイト
https://x.gd/OvikJ

ヤン・セジョンは、シャイで恥ずかしがり屋な一面を持つそうです♪

そして自称「孤独を愛する男」。

演技に対してはかなり真面目で熱心、目標を置くよりむしろその時そのキャラクターに集中するんだそうです。

演技に対する愛情が深く、新人時代からクオリティの高い演技をすると周囲でも認められていました。

学生時代にはいじめられていた友人を助けて、相手を懲らしめたこともある正義感の持ち主。

また好きな食べ物は韓国料理のジェユクポックン(豚肉の辛炒め)とツナのキムチチゲで、自分でも作るそう♪

趣味は香水集めとワイン収集!

ワインは大好きで無人島に持っていくならワイン!というほどのワイン好きでも知られています。

そして学生時代からの大親友は、『ザ・グローリー〜輝かしき復讐〜』シリーズで一躍有名になった俳優キム・ゴヌ。

引用元:VOGUE Korea公式サイト
https://x.gd/jGBDK

ヤン・セジョン出演のおすすめ韓国ドラマ『30だけど17です』と『私の国』をご紹介!

『30だけど17です』

引用元:SBS公式サイト
https://programs.sbs.co.kr/drama/30but17/about/55553

ヤン・セジョン × シン・ヘソン主演のファンタジーラブコメディ『30だけど17です』(2018年)。

アン・ヒョソプや、ブレイク前のイ・ドヒョンも出演している人気韓国ドラマです!

交通事故で昏睡状態だった17歳のお嬢様ソリ(シン・ヘソン)が、長い眠りから目覚めると30歳に。

少女のままで止まっていたソリは、自分の家にいつの間にか住んでいた2人の兄弟ウジン(ヤン・セジョン)とチャン(アン・ヒョソプ)と同居を始めることに……。

13年の間を超えて空白の恋が動き出します。

高校生の時に交通事故を目撃して以来、心を閉ざすウジンがソリの登場によって明るくなっていく様子は、胸キュン♪

ぜひそんな2人の恋模様にも注目です!

Amazon Prime、U-NEXT、ABEMA、Huluなど多くの動画配信サービスで視聴可能なので、ぜひご覧くださいね。

引用元:SBS公式サイト
https://x.gd/N4PFz

『私の国』

引用元:JTBC公式サイト
https://x.gd/M3a7I

激動の朝鮮建国期初期が舞台の韓国ドラマ『私の国』(2019年)。

ヤン・セジョン主演で送る大スペクトル・アクション時代劇です。

共演にはウ・ドファンソリョン(キム・ソルヒョン)、そしてチャン・ヒョクという豪華出演陣

混沌と怒涛の時代を生き抜いた、3人の男女の若者を中心に繰り広げられる愛と友情、そして権力。

制作費200億ウォンをかけた美しくも壮大な映像美と、アクションシーン、そしてスピーディーな展開に注目♪

ヤン・セジョンの熱い演技から目が離せません!

現在(2023年10月)は、Netflix、dTV、ABEMAなどで視聴可能です。

引用元:JTBC公式サイト
https://tv.jtbc.co.kr/photo/pr10011100/pm10054832/detail/15933

《まとめ》【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!?

引用元:GQ KOREA公式サイト
https://x.gd/g1p6y

今回は人気俳優ヤン・セジョンのプロフィールを徹底解剖してくわしくご紹介していきました。

現在公開中のNetflixドラマではぺ・スジと共に『イ・ドゥナ!』に主演し注目を集めています。

他にも『私の国』や『浪漫ドクター キム・サブ』などヒット作にも出演している人気スターです。

シャイで努力家のヤン・セジョン、キュートな演技に惚れる女性多数♪

今後もヤン・セジョンの演技と活躍が非常に楽しみですよね!

韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』特集

【Netflix】韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』のあらすじや見どころ、キャストをくわしくご紹介!

あわせて読みたい
【Netflix】韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』のあらすじや見どころ、キャストをくわしくご紹介!

【国民の初恋 ペ・スジ】大人気アイドルから女優へ。ペ・スジを徹底分析!!

あわせて読みたい
【国民の初恋 ペ・スジ】大人気アイドルから女優へ…ペ・スジを徹底分析!!

【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!?

あわせて読みたい
【ヤン・セジョン】『イ・ドゥナ!』『私の国』の韓国俳優ヤン・セジョンってどんな人!?

【ロケ地 / 東京〜韓国】Netflix韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』のロケ地を徹底調査!【KCON JAPAN 2022も登場!】

あわせて読みたい
【ロケ地 / 東京〜韓国】Netflix韓国ドラマ『イ・ドゥナ!』のロケ地を徹底調査!【KCON JAPAN 2022も登場!】

ABOUT ME
MODULYweb編集部
MODULYweb(モドゥリーウェブ)は株式会社K Villageが運営する韓国情報サイトです。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。
記事URLをコピーしました