魔女の法廷|15話(動画)あらすじや見どころも?感想やネタバレは?

韓国ドラマ

魔女の法廷

高視聴率14.3% KBS演技大賞4冠!

男前女性カリスマ検事チョン・リョウォンと元精神科医の年下検事ユン・ヒョンミンのまさかの恋!

悪に挑むスリリングなストーリーも見どころ!恋も仕事も全力投球。
胸キュン必須リーガルラブコメディー!

『魔女の法廷』第15話「告白させる奇策」あらすじは?

マ・イドゥム(チョンリョウォン)の母クァク・ヨンシル(イ・イルファ)が生きていることを確信した チョ・ガプス(チョン・グァンリョル)は、母をかくまい姉妹として生きてきた婦長もろとも始末するよう部下に指示をする。

 

ヨ・ジヌク検事(ユン・ヒョンミン)の母コ・ジェスク(チョン・ミソン)院長は偶然婦長と出会うが彼女は話もそこそこ避けるように立ち去ってしまう。
そして婦長は怪しい人影を目にし、イドゥムの母を連れ、あわてて島を脱出しようとする。
たまたま居合わせたコ院長の車に乗り込み事情を話す婦長。

2人は無事追っ手を逃れ島を脱出。
コ院長の病院へ身を隠すのだが、 イドゥムの母が生きていることに驚きを隠せない院長。そしてイドゥムが探し続けている状態でこのまま隠してはおけないと訴える。

しかし婦長は「彼女は記憶も失っており娘のことは知らないし、追われている身では危険なのでもうしばらくそっとしてほしい。」と懇願するのだった。

イドゥムの上司ミン・ジスク(キム・ヨジン)はガプスの不正の証拠であるペク室長が残した手帳をもとに特検チームを率いることに。チームにはイドゥムとジヌクの姿も!

 

「不正入学を暴き!キングダムを捜査します。
近日中には手帳の内容を公開します。」マ・イドゥム特別検事補は記者の前で発表。
そのニュースを見ていた記憶をなくしたイドゥムの母は、なぜか流れる涙に困惑していた。

 

検長、総理、キングダムに出入りしていた者達が続々と取り調べを受ける。
しかし紙切れ以外に証拠はあるのかと皆強気。
そして性接待の証人とも連絡が取れなくなってしまう。

ガプスの素早い対応に遅れをとった形の特検チーム。

いき詰まったか…その時だった。
「一発で自白させる方法が…」イドゥムの目が光った!

「キングダムでHIVが広まったようです。要人たちも感染したもよう…」そう報道が…

総理も地検長もイドゥムの元悪どい上司オ部長も慌ててHIV検査キットを購入。
隠れて検査し陰性の結果に抱き合って喜んでいる。
その一部始終は特検チームのカメラに収められ、もはやキングダムで性接待を受けていたことは言い逃れできなくなる。

チョ・ガプスを捕らえに行く!イドゥムの心は震えていた!

 

しかし取り調べにも余裕のガプス…。
ペク室長の証拠の手帳はイドゥムの引き出しからなくなっていた…。
その手帳を盗んだのは特検チームの同僚。そこまで魔の手が…。脅され仕方なかったと言う同僚。

ガプスの元で仕事をしていたホ弁護士(キム・ミンソ)はガプス見切を付け、ガプスの義理の兄ヒョンジェホテルの経営者アン会長の元へ行こうとしていたが、なかなかアン会長からの信頼を得られずにいた。

 

イドゥムはホ弁護士に封書を渡す。
「自分たちは失ったペク室長の手帳が欲しい。この封筒を開けた瞬間に取引は成立するわよ。」

この封書の中身はアン会長の実の妹、そしてガプスの妻の診療記録。

「これでアン会長の元に入れるわよ。」とイドゥム。ホ弁護士は取引に応じた。ホ弁護士はガプスの車に忍び込み、ガプスが頻繁に通っている病院を突き止める。
イドゥムたちはガプスの妻が隔離されている病院を突き止め、その病室からペク室長の手帳を発見!

ガプスの妻はガプスによって長年昏睡状態にされていたと報道!
自分の妹をそんな姿にされていたとは怒りのアン会長は「離婚書類に判を押せ!覚えておけ!特検チームは必要なことすべてやれ!こいつを無期懲役にしろ!」とガプスを切り捨てる。

どんな弁解ももはや通用しないガプス…開いた口がふさがらない…

イドゥムにとっては母親の殺人教唆が最終目的。それはジヌクが担当することに。
ジヌクにとっても自分の母の罪を問わないといけなくなる大変な仕事。
しかしジヌクは逃げなかった…母コ院長も覚悟を決める。

そしてイドゥムの元に、お母さんが生きていることを伝えるコ院長。
そして姉として生きてきた婦長もイドゥムの母に真実を伝える。

娘が生きていることを…そして長年母を探してきたことを…。

 

母と娘はお互いに向かって歩みを進めた…あと少し…

病院のインターフォンが鳴る…

『魔女の法廷』第15話の感想

巨悪が追い詰められていく様、本当にアドレナリンが出ますよね~!それまでのどんだけ悪いんだ!
もう何しても権力を握りすぎて、立ち向かえそうもない。
ってのが強いほど追い詰めていくシーンがたまらなく面白い!

最近で言うとナムグン・ミンの「操作」も面白かったですね~「魔女の法廷」同様じっくり見たいそう思わせるドラマでした。
この手のドラマはちょっとの早送りも禁ですよね。いろんな場面にからくりが潜んでますからね。

 

悪を極めるガプスのちょっと追い詰められ唖然とする姿。こういうのもお上手です!チョン・グァンリョルさん。
しかしラスト追い詰められすぎて、このままでは終わらせはしないという表情が読み取れましたよね…。
悪は滅びるはずだけど、ここまで来てもまだ簡単にはいかないようです!

 

そして遂にイドゥムは母が生きていることを知ります!感動の再会が待ち遠しいです~。
母が生きてることで、コ院長への憎しみも薄れるでしょうし、ジヌクに対しても間を阻むものが更になくなりますよね。

二人のラブモードは最終回にお預けなの~!?

関連記事

error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。