ただ愛する仲のあらすじや感想は?相関図やキャストも!

韓国ドラマ

ただ愛する仲のあらすじは?

12年前大型ショッピングモールが突然崩落した。父親が工事の材料を請負っており、現場で働いて命を落とし、自らも足に後遺症を追いながらも、奇跡的に生き残ったイ・ガンドゥ(ジュノ)。

事故のせいでサッカー選手の夢と家族を失ったガンドゥは、妹を育て医者にするためだけに、必死に苦痛を耐える毎日を生きてきた。

そして妹と共に事故にあい、自分だけが助かったハ・ムンス(ウォン・ジナ)。ムンスは亡くなった妹への罪悪感と、いつまでも悲しみを引きずりながら別れてくらす両親への重圧をかかえ、それでも笑顔を絶やさず生きてきた。

ある日2人は事故現場に建設される、新たなショッピングモール計画の最中偶然出会う。ムンスは建築構造物の模型を作る職人として、ガドゥは作業員として新たなショッピングモールに関わることになるのだった。

そして2人を雇用している建築士のソ・ジュウォン(イ・ギヴ)の父もまた崩落した建物を設計し、罪悪感にさいなまれ自殺してしまった犠牲者の1人でもあった。

ガンドゥとムンスは互いに近づくに連れ、ともに惹かれ合いはじめるのだが、それと共に忌まわしい事故について自分たちが生存者であることを知ることとなる。

事故後の記憶が定かではないムンスに、ガンドゥはある歌を知っているか問うのだった。

その歌は崩落したがれきの中でガンドゥが生き残った少女を励ますために歌った歌だった…。

ただ愛する仲の感想は?

https://twitter.com/suzunosou/status/1132801953669427200

視聴率自体は低かったのですが若い視聴者が多く、20代〜40代の年齢別で同時間帯1位となったドラマで、実際の評価は高くSNS上で話題となりました。

確かに全体的に12年前の悲惨な事故をベースとして、苦悩の日々を送る人々を追っているので、重く暗いテーマなのですが、なぜか癒されまた見たくなる心に染みる物語なんです!

アイドルグループ2pmのジュノが傷ついた心を抱えるイ・ガンドゥを見事に演じました。2pmはテギョンやチャンソンも俳優として活躍していますが、中でもジュノは繊細な演技力が抜群だと思います!

キム課長とソ理事ではクールなジュノか最高でした!次々と大きな作品に出演しているジュノですが、兵役がまだなんですよ〜!年齢的にももうギリギリなのでは??兵役に行ってしまったら二年間もジュノに会えないのは辛いです~。

そしてジュノだけでなく、淡々としながらも懸命にガンドゥを愛し、必死に生きるムンス役ウォン・ジナがよかったですね。このドラマ初主演、初主役ですよ!すごくないですか??

とても初主演とは思えない演技力です。さすがものすごい競争率を勝ち抜いてジュノの相手役になっただけのことはあります。劇中2人はすごくお似合いで、そして2人の抱える苦悩になんとか楽になってほしいと必死で願ってしまう感じです。

脇を固める俳優たちに、太陽の末裔で病院の嫌な経営者を演じたテ・イノがいい味を出しています。

今回も新しいショッピングモール建設の代表で、強引なやり方で進めていく高慢なところはあるのですが、実は本当は人間味のある部分も持ち合わせているという役どころ。

そしてユン・セアやベテラン俳優アン・ネサン、ナ・ムニが色を添え、ドラマを完成度の高いものに仕上げています。癒しを求め、様々な愛情に浸りたい方に是非オススメです!

ただ愛する仲の相関図やキャストを調査!

イ・ガンドゥ(ジュノ:2PM)

1990年1月25日生まれ 身長178㎝

本名はイ・ジュンホ、2006年初めて受けたオーディションで6500人の中から選ばれた。アイドルグループ2PMのメンバーでボーカル担当。2015年「二十歳」で映画初主演。俳優として本格的に活動を始める

ドラマ「キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~」「記憶~愛する人へ~」「むやみに切なく」

映画「二十歳」「ホワイト」「メモリーズ追憶の剣」

ハ・ウンス(ウォン・ジナ)

ウォン・ジナ

1991年3月29日生まれ 身長157㎝

中3のころ演技に興味を抱く、企業に就職するも夢を捨てきれずソウルへ。2017年26歳で120倍の競争率で今作の主演を獲得。シンデレラガールとなる

映画「鋼鉄の雨」「Money]

ソ・ジュウォン(イ・ギウ)

1981年10月23日生まれ 身長189㎝

大学在学中にモデルのアルバイトをしてたがスカウトされ映画「ラブストーリー」に出演。その後CM、映画、ドラマの多くに出演、「劇場前」でカンヌのレッドカーペットを踏む

ドラマ「記憶~愛する人へ~」「美男<イケメンラーメン店」「この人でなしの愛」「ミスコリア」「品位ある彼女」「運命と怒り」「スターの恋人」

映画「ラブストーリー」「回し蹴り」「あいつは格好よかった」「Sad Movie」

ムンスの父(アン・ネサン)

アン・ネサン

1964年7月24日生まれ 身長175㎝

学生時代学生運動に参加し逮捕された経歴がある。1994年に短編映画でデビューコミカルな役からシリアスな役までこなすベテラン俳優。

ドラマ「怪しい3兄弟」「7級公務員」「神のクイズ」「太陽を抱く月」「姉は生きている」「カインとアベル」「黄金のポケット」「いとしのクム・サウォル」「ロイヤルファミリー」「今日から愛してる」「太陽をのみ込め」「ソロモンの偽証」「天使の誘惑」

映画「宿命」「僕が9歳だったころ」「黄山ヶ原」「マラソン」「オアシス」「マルチュク青春通り」「パイレーツ」

関連記事

error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。