七日の王妃のあらすじや感想は?相関図やキャストを調査!

韓国ドラマ

七日の王妃 全20話
脚本:チェ・ジニョン
演出:イ・ジョンソプ、ソン・ジウォン
初回放送(韓国):2017年
放送局:KBS
平均視聴率:5.9%
最高視聴率:6.9%
最低視聴率:-

七日の王妃のあらすじは?

先の王のからの寵愛を受けることなく、愛される弟に複雑な思いを抱き成長し王となったイ・ユン、燕山君(イ・ドンゴン)。先の王は遺言としてユンに弟が成長したら王座を譲れと言い残し死去した。

常に弟の存在が気にかかるユン。そんな兄の心の内を知らずか弟のヨク(ヨン・ウジン)は兄を思いやり、兄の助けになろうとする。

しかし優しかった兄はヨクが成長するにつれ少しずつ離れて行ってしまう。ある日ひょんなことから出会った少女チェギョン(パク・ミニョン)。自分を都から遠ざける両班の両親に反発し上京したのだ。

その際にヨクに荷物を奪われたと勘違いしてしまいヨクを追うことに。ヨクはひつこく追ってくるチェギョンに腹立たしさを感じるが、その際に知り合った少年ソノ(チャンソン)を2人で助けることとなり、親しくなっていく。

時を同じくしてお忍びで街に出ていた王ユンとも偶然の出会いを果たすチェギョン。そしてユンの命を救うこととなる。そして3人はある事件をきっかけに再び出会うことに。

チェギョンは生まれながらにして、ヨクの許嫁とされていたのだったが、事件の際の2人のとった行動が王ユンを激怒させてしまうことに。牢に入れられたチェギョンを救うためヨクは王子の座を捨て流刑されることに…

そして流刑地に向かう途中何者かに襲われヨクは命を落とす。

月日が流れ、チェギョンは美しく成長。王ユンの心を癒す存在となっていた。年頃になり縁談の話は来るが、ヨクへの思いからすべて避けているチェギョン。そんなある日酒場ですれ違った男性を目にして驚くチェギョン。

その男性は亡くなっても尚、想い続ける人…ヨクにそっくりだったのだ…。そしてヨクに似た人物をみたとチェギョンから聞かされた王ユンは…

ヨクは生きていたのか…一人の女性と2人の王。3人の切ない思いに胸が痛い…3人の絡み合う運命はどこへ…。

七日の王妃の感想は?

イ・ドンゴン初めての時代劇です!長く俳優をしているのに初めてなんですね。それにしても時代劇姿がお似合いだし、韓国の歴史上暴君とされている燕山君を演じるなんて!

今までも燕山君は様々なドラマで暴君として描かれてきました。酒におぼれ、贅沢の限りをつくし、逆らったものは殺害する。そんな王のイメージですが、イ・ドンゴン演じる燕山君は見ていて切ない!

ヨクよりも燕山君とチェギョンがうまくいってほしいとずっと思ってしまうのは私だけかな…。はじめてイ・ドンゴンを見たのは「パリの恋人」でした。すらっとしたイケメンというだけでなく、なんだかウルウルしたあの瞳に引きずられちゃうんですよね~。

今回のドラマでは王ユンが時にお忍びで街にでる時に、笠子帽というのかな?ふちのある帽子に布をかぶせ顔を隠してるんですけど、その姿すごくカッコいいんですよ~!!お忍びなのにもう目立ってしょうがないはず!

イ・ドンゴン今回時代劇挑戦はすごくよかったのでは!こんなに似合うなんて。これからも時代劇出演が増えるのでは?と期待大です。

とにかく切ないこのドラマ。涙の女王パク・ミニョンとも言われていますが、彼女の涙が本当に美しくて胸が痛くなります!真の強い女性チェギョンを演じきっていています。

パク・ミニョンと言えば「成均館スキャンダル」ですよね~。あのドラマは本当にパク・ミニョンが愛らしくって素敵なドラマでしたが、同じ時代劇でもあのころからさらに美しい大人の女性になってて、ちょっとヨク役のヨン・ウジンと合わない感じが…やはりカリスマ的存在感があるイ・ドンゴンの方がお似合いで…。って思っちゃうんですよね~。

時代劇は髪の毛とか全部アップにするので、ヨン・ウジンのかわいい雰囲気と似合わない感じもあるのかな。などなど現代劇の方が魅力をたくさん出せる俳優さんかもしれませんね~「内省的なボス」ではすごく魅力あふれる姿を演じているそうで今度見てみようと思います~!

七日間だけの王妃、実在の端敬王后をドラマチックにロマンチックに描くこの作品、美しい時代劇を堪能して下さい!

七日の王妃の相関図やキャストを調査!

チェギョン(パク・ミニョン)

1986年3月4日生まれ 身長164㎝

2005年CMで有名に。2006年ドラマ「思いっきりハイキック」でデビュー。2010年「トキメキ成均館スキャンダル」で一躍人気となる。数々の演技賞も受賞している人気女優

ドラマ「Dr JIN」「シティーハンター」「リメンバー記憶の彼方へ」「ヒーラー最高の恋人」「アイアムセム」「キム秘書がなぜそうか」

イ・ヨク(ヨン・ウジン)

1984年7月5日生まれ 身長185㎝

モデルとしてデビュー。デビュー当時はソ・ジフという名だった。「男が愛する時」でソン・スンホンのライバル役を熱演注目を浴びる。

ドラマ「オジャッキョの兄弟たち」「アラン使道伝」「恋愛じゃなく結婚」「離婚弁護士は恋愛中」「内省的なボス」「男が愛する時」

映画「ただの友達?」「私たちは空を飛んだ」「トンネル3D」「ザ・テーブル」「相性」

イ・ユン、燕山君(イ・ドンゴン)

1980年7月26日生まれ 身長183㎝

1998年歌手デビュー 1999年からテレビドラマに出演。ドラマ「パリの恋人」で一躍人気俳優となる。日本でも人気となりコンサートも行っている2010年から2年間兵役に就く「月桂樹洋服店の紳士たち」で共演したチョ・ユニと結婚。女児をもうける。

ドラマ「パリの恋人」「パパはスーパースター」「未来の選択」「ランラン18歳」「スマイルアゲイン」

映画「ファミリー」「B型の彼氏」「マイラブ・リンリン」

ソノ(チャンソン・2PM)

1990年2月11日生まれ 身長184㎝

2006年「思いっきりハイキック!」でデビュー。その後2PMのメンバーとなりトップアイドルに上り詰める。グループの末っ子と呼ばれている。ミュージカルなどでも高い評価を得て俳優として活躍中。

ドラマ「7級公務員」「ドリームハイ」「あなたのノワール」

映画「忘れ雪」「ダイナマイトファミリー」

関連記事

error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。