G-1JHRHQCPLD 【PR】韓国に行かなくても新大久保で韓国式証明写真が撮れるって知ってましたか? - K Village が運営する韓国情報サイトK Village MODULY Web(モドゥリーウェブ)

【PR】韓国に行かなくても新大久保で韓国式証明写真が撮れるって知ってましたか?

MODULY 編集部

皆さんこんにちは、韓国情報サイトMODULY編集部です。

パスポートやマイナンバー、運転免許証、学生証など公的な身分証に必要な証明写真。

「写真の写りが悪くて、人に見せたくない…」

「一度撮影すると数年は同じ写真のままなので、綺麗に撮りたい!」

という方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが韓国式証明写真館STORY BOOTHです。

就活・転職に使う履歴書から身分証、オーディション用のプロフィールなどに使う写真を韓国クオリティで仕上げてもらえちゃいます😍

では、韓国式証明写真館STORY BOOTHがなぜオススメなのか、実際に撮影する流れも含めてご紹介します。

1.韓国式証明写真ってなに?

何が韓国式なのか、疑問に思う方もいると思うのでご説明します。

日本には駅や家電量販店などにスピード証明写真機が設置されているので、写真館に行かずに証明写真機で済ます人もいますよね。

でも、韓国ではフォトスタジオに行って撮影してもらうのが主流なんです。

なぜなら就職活動をする際に提出する履歴書の証明写真が重要視される会社がまだ多くあるからなんです。

特に女性は書類選考通過の重要なポイントになるので、履歴書の証明写真に気合を入れる人が多いんです。

韓国の証明写真は、日本のような美肌加工以外に、目の大きさや形、顔の左右差など顔の細かい部分まで修整を行える点が違います。

つまり、韓国式証明写真とは盛れる証明写真なのです。

ただし、身分証などでの盛りすぎには注意が必要です。というのも実際に韓国では住民登録証の写真を盛りすぎて本人であることが確認できず、住民登録証の写真を撮り直させられたというケースもあるそうなんです😲

2.韓国式証明写真館STORY BOOTHオススメの理由

実際に伺って体験の一連の流れ、インタビューを含めてオススメしたいポイントを5つにまとめてみました。

①プロカメラマンが撮影

韓国式証明写真館STORY BOOTHの撮影スタッフは全員プロカメラマン。

女性のプロカメラマンを含め5名が在籍しており、ポージング含めて提案してもらえるので写真を撮り慣れていない方でも安心して撮影ができます。

②プロ仕様のスタジオ設備

撮影スペースも広く、照明器具は計3台設置されていて、プロが使う撮影スタジオ仕様の設備で撮影ができます。

撮影された写真がすぐに確認できる大きなモニターも設置されていて、自分の姿勢や表情なども確認しながら撮影が勧められます。

③レタッチレベルを選べる

韓国式証明写真館STORY BOOTHでは、撮影した写真を3段階からレタッチできます。

韓国式証明写真館STORY BOOTHのレタッチレベル

【レタッチ レベル1】・・・ナチュラルなレタッチがお好みの方向け
ほくろ除去や浮き毛を整えるなど
【レタッチ レベル2】・・・一番人気の修整レベル
顔の左右差を正す、鼻を小さく細く、肌質クリーンなど
【レタッチ レベル3】・・・SNSなどのプロフィール画像向け
おでこのサイズ変更、人中を短く、顔の輪郭修整などなど

公的な身分証の場合は、レタッチレベル1が無難だそうです。

というのも身分証明のための写真なので盛りすぎると申請しても通らないこともあるそうです。

レタッチする箇所によってレタッチレベル1.5、2.5という細かい調整も可能なそうなので、用途に合わせてスタッフと相談しながら進めてみてくださいね。

ふと疑問に思い、オーナーさんに証明写真というと身分証の更新時期や転職・就職活動、受験などというイメージで一見さんが多いんですか?と聞いてみたところ、最近はSNSのプロフィール用の写真撮影で定期的に来店する方もいらっしゃるとのことでした。

④韓国でレタッチ

レタッチは本場韓国で行われます。

韓国式証明写真館STORY BOOTHは、韓国の有名フォトスタジオと提携していて、撮影したデータは問診票と合わせて韓国のスタジオに送られます。

韓国に行かなくても本場韓国でレタッチしてもらったのと同じ証明写真が手に入るんです。韓国風ではなく韓国本場のスタジオがレタッチするというのが大きな特徴なんですね。

⑤Google口コミレビューが高評価

Googleで検索してみると韓国式証明写真館STORY BOOTHの口コミは高評価なものばかり。

オーナーインタビューで印象的だったのが、北海道から韓国式証明写真館STORY BOOTHで証明写真を撮るためだけに来たといい。実際に撮影してすぐに北海道に戻られたお客様がいたそうです。

その他にも、宅建などの資格証に必要な写真を撮りに40~50代の男性のお客様も来店されたことがあるそうです。

Googleのレビュー評価に加え、SNSで色々と比較して来店されるお客様も多く、プロカメラマンによる撮影、韓国のフォトスタジオでレタッチされるなど、写真の仕上がりに満足される方が多いので高評価なのだと思われます。

3.韓国式証明写真館STORY BOOTHの料金プラン

韓国式証明写真館STORY BOOTHのプランは、下記を用意しています。

韓国式証明写真館STORY BOOTHのプランは、下記を用意しています。
スタンダードプラン(20分) 6,800円(税込)
学割プラン(20分) 5,800円(税込)
オーディションプラン(30分) 10,000円(税込)

撮影した写真をSOTRYBOOTHの公式インスタグラムにモニターモデルとして掲載してもOKという方には「モニター割」といった割引プラン(2,000円引き)も用意されています。

4.韓国式証明写真館STORY BOOTHでの撮影の流れ

韓国式証明写真館STORY BOOTHで撮影する流れについてご紹介します。

①LINEで事前予約

韓国式証明写真館STORY BOOTHは完全予約制となっており、公式LINEから事前予約が必須となっています。

②【撮影当日】来店後に問診票を記入

事前予約した撮影日当日、店内で問診票に記入をします。
お好みの背景色や料金プラン、レタッチ箇所などを記入していきます。

③ 化粧直し、髪のセット〜実際の撮影

問診票を元に実際に撮影していきますが、その前に化粧直しや髪のセットをすることができます。

スタジオ内には化粧鏡、アイロン、コテ、ドライヤーが用意されています。

実際に写真を撮影した後は、モニターで仕上がりを確認しながら、肌の色や背景に合わせて、照明器具も調整しながら7~10枚ほど撮影します。

背景は証明写真であれば、白や青がオススメ。免許証ではピンク背景も人気だそうです。

④【カウンセリング】ヒアリング&レタッチ箇所の決定

撮影後は、データ(写真)を確認しながら、修整する一枚を決めます。

レタッチレベルの比較をみながら、修整の強さや修整箇所を決めていきます。

プロカメラマンがカウンセリングをしてくれるので、綺麗に仕上がるように的確なアドバイスをしていただけます。

⑤お支払い

現金、paypay、クレジットカードのご利用が可能です。

⑥証明写真の受け渡し

韓国でのレタッチが完了すると、データや郵送にて証明写真を受け渡しします。

受け取る目安としては、データの場合は撮影日から3~5日で受け取ることができ、郵送で受け取る場合は1週間~10日程度の日数が必要になります。
(※express便では、翌日22時までのデータ納品、3日~5日程度での郵送を目安に受け渡し可能です。日曜日に撮影の場合は+1日かかります。またお届け先のご住所によりお届け日数が変わることがあります。)

5.韓国式証明写真館STORY BOOTH店舗詳細

最寄り駅は新大久保駅と西早稲田駅。目印は「ファミリーマート 」と「POLA」の看板です。

■店名:韓国式証明写真館 STORY BOOTH
■住所:新宿区大久保3-5-3 B1階
■アクセス:JR新大久保駅から徒歩8分、副都心線西早稲田駅から徒歩8分
■営業時間:11:00〜20:00
■定休日:月曜日、その他不定休
■電話番号:070-9002-7782
■公式サイト:https://storybooth-photostudio.com/
■公式SNS:https://www.instagram.com/storybooth.photo/

なお、K Village MODULY Webの運営会社であるK Villageの韓国情報アプリK Village MODULYで割引クーポンも配布中。ぜひご活用ください。


ABOUT ME
MODULYweb編集部
MODULYweb(モドゥリーウェブ)は株式会社K Villageが運営する韓国情報サイトです。
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。
記事URLをコピーしました