【P1Harmonyインタク】情熱あふれるラッパー&ダンサー!インタクについて紹介!

K-POP

【P1Harmony インタク】情熱あふれるラッパー&ダンサー!インタクについて紹介!

引用元:https://twitter.com/@P1H_official
@P1H_official

2020年10月28日に韓国でデビューした6人組ボーイズグループ“P1Harmony(ピーワンハーモニー)”

2001年から2005年生まれのフレッシュな6人が織りなす強烈なハーモニーで、早くも多くのファンの心をつかんでいます。

この記事では、そんなP1Harmonyでラッパー、ダンサーをつとめるインタクについて、その魅力を紹介していきます!

【P1Harmony インタク】P1Harmonyってどんなグループ?

引用元:https://twitter.com/@P1H_official
@P1H_official

P1Harmonyは2020年10月28日にFNCエンターテイメントからデビューした6人組多国籍ボーイズグループです。

韓国、カナダ、日本の多国籍メンバーで構成されており、デビュー当時、平均年齢16歳ながら独特の世界観と全員がオールラウンダー、新人らしくないパフォーマンスで大きな注目を集めました

デビューアルバム含め、これまでアルバムに収録されたほとんど全ての楽曲のラップメイキングにメンバーのインタクとジョンソプが参加しており、他のメンバーも作詞・作曲に参加する実力を備えています

アメリカを中心にグローバルに活動!

P1Harmonyは韓国国内での人気もありますが、国内よりも海外からの人気が高く、カナダ出身のギホ、日本出身のソウルの影響もあり、特に英語圏、日本で人気があります

そのため、海外での活動も積極的に行っており、特にアメリカでは数々の雑誌でP1Harmonyが取り上げられました

雑誌のジャンルも音楽雑誌から若者向けのファッション雑誌と幅広く、10代の不安や怒りを代弁しているP1Harmonyの世界観を高く評価しています

2021年5月には、アメリカの有名な雑誌「VOGUE」が選んだ“今聞いてほしい新人K-POPスター7選”に選ばれたり、2021年10月には約1ヶ月間アメリカでのプロモーションとして、アメリカの番組「Good Day New York」や「Rolling Stone on Twitch」に出演

英語が堪能なギホを中心に、他のメンバーも英語でコミュニケーションを取り、グローバルルーキーとしての活躍を見せました。

2022年には、デビュー後初めてのファンとの対面コンサートツアーとなった「2022 P1Harmony LIVE TOUR [P1ustage H : PEACE]」を開催したP1Harmony。

韓国ソウルを皮切りに、アメリカ主要8都市(ニューヨーク、ワシントンD.C.、マイアミ、ヒューストン、シカゴ、デンバー、サンノゼ、ロサンゼルス)を回りました。

アメリカツアーのチケットは発売開始から30分という速さで全公演完売を記録し、チケットが取れなかったファンからは追加公演を望む声が殺到したほど。

さらに、2022年3月には3rdミニアルバム「DISHARMONY:FIND OUT」のタイトル曲「Do It Like This」の英語バージョンをアメリカで発売し、P1Harmonyは本格的なアメリカ進出へと乗り出しています

日本でのデビューはまだですが、2022年12月にはFNCエンターテイメントのファミリーコンサート「FNC KINGDOM」に初出演

今後日本デビューに向けて活動するP1Harmonyの姿が見られる日も近いかもしれません。

所属事務所は?

P1HarmonyはFNCエンターテイメントに所属しています。

FNCエンターテイメントといえば、FTISLANDやCNBLUE、N.Flyingといったバンド色が強い事務所のイメージがありますが、SF9やCherryBulletといったダンスグループも所属しています。

P1HarmonyはSF9のデビューから4年ぶりに誕生したボーイズグループで、FNCエンターテイメント所属のボーイズグループの中では初めての多国籍グループとなりました。

また、所属アーティストたちは俳優として活躍している人も多く、P1Harmonyも今後演技の世界にも進出していくのでは?とファンから期待の声も上がっています。

グループ名の由来は?

引用元:https://twitter.com/@P1H_official
@P1H_official

グループ名の”P1Harmony”は、「Plus」+「1」+「Harmony」を組み合わせた造語です。

「グループに未知の1をプラスすることで、様々なハーモニーを織りなす可能性が無限な人たち」という意味が込められています。

P1Harmonyのファンネームは?

P1Harmonyのファンネームは“P1ece(ピース)”で、欠片(かけら)を意味するPieceの”i”が”1″で表記されていることがポイントです。

この”P1ece”には小さな欠片が集まって1つの作品が作られるように、P1Harmonyを完璧に成し遂げるためになくてはならない「最後の欠片」という意味が込められています。

2021年1月14日から1月31日まで公式ファンネームを公募し、2021年4月20日カムバックショーケースを通じて正式に発表されました。

P1eceの他に、「Plusu(プラスユー)」「P1tch(ピッチ)」「PEVER(フィーバー)」「Pr1ze(プライズ)」という候補名もありました。

デビュー前に映画「P1H:新しい世界の始まり」を公開!

引用元:https://twitter.com/@P1H_official
@P1H_official

P1Harmonyはデビューにあたり、グループのコンセプトを示した映画「P1H:新しい世界の始まり」を公開しています。

K-POPアーティストたちはデビューやカムバック前に様々なプロモーション活動を行いますが、P1Harmonyはデビューに合わせて映画製作を行うという異例のプロモーションを行い話題を呼びました。

この映画は、暴力性を持ったウイルスによって滅亡しかけている世界を救うために、特殊な力と希望を持った少年たちが過去、現在、未来と次元を超えて集まり、未知のウイルスへ立ち向かうために集結するというSFヒューマンドラマ。

映画を通じて、それぞれ別々の場所、次元から集まったメンバーたちが最終的にP1Harmonyとしてデビューするということを示唆しており、多数韓国ドラマで活躍しているチョン・ヘインをはじめ、CNBLUEのジョン・ヨンファ、元AOAのソリョンなど多くの豪華俳優たちも出演しています。

映画を制作するにあたり、メンバーたちはMBTIテストを受け、その結果に基づいてキャラ設定し、それぞれ自分の性格と似た役柄を演じたそう

映画は過去、現在、未来に分かれてストーリーが進んでいきますが、インタクは現在の世界の中で、ウイルスによって凶暴化した人たちに襲われて建物から落下するも、すぐに回復してしまう不死身の少年を演じています。

その少年はとても明るく、ポジティブな性格

インタク自身と似ている部分が多く、特に友人とふざけ合いながら遊んでいる様子が似ていて、素の自分のまま演技することができたそうです。

本映画は韓国の映画館で上映された後、韓国や日本などの動画配信サービスを通じて世界中に公開されましたが、「アイドル映画だと思って見たら予想以外にハマった」「メンバーの演技が上手くて違和感ゼロだった!」といった感想がSNSに多く寄せられ、P1Harmonyへの注目がさらに集まりました。

【P1Harmony インタク】プロフィール紹介

引用元:https://twitter.com/@P1H_members
@P1H_members

本名 ファン・インタク (Hwang Intak / 황인탁)
生年月日 2003年8月31日
出身地 韓国 京畿道 楊州市
身長 182 cm
血液型 O 型
ポジション ラッパー、ダンサー
家族構成 父、母、弟
特技 ダンス
趣味 サッカー、服・ファッションモデルの鑑賞
MBTI ENFP (候補運動家タイプ) ※記事公開時点

それではP1Harmony インタクのプロフィールを紹介します!

インタクはグループの中でラッパー、ダンサーを担当しています。

ロートーンのしなやかなラップが特徴で、導入部がラップの楽曲はほとんどインタクが歌い始めを担当しています。

ラップメイキングもでき、デビューアルバムを含め2枚目のミニアルバムに収録された「AYAYA」を除く全ての楽曲で作詞に参加しています。
(「AYAYA」は事務所の先輩であるN.Flyingのイ・ジョンソプが作詞を担当)

ダンスもメンバーの中で1番パワフルでエネルギッシュさがあり、長い手足を駆使して、動作1つ1つを正確に踊りこなします

表情管理にも優れており、楽曲によってさまざまな表情を見せてくれます。

182cmとメンバーの中で最も身長が高く、P1Harmonyのビジュアルメンバーと呼ばれることも多いインタク。

先輩グループSF9のロウンやテヤン、フィヨンに次ぐFNCエンターテイメントを代表するビジュアルで、“2003年の奇跡”と評されることもあります

また、常に手に持っているほどパンが好きで、コンビニにあるパンはすべて網羅しているという可愛らしい一面も持っています。

とにかくダンスが大好き?

引用元:https://twitter.com/@P1H_members
@P1H_members

お母さんがダンサーだったため、幼い頃から踊りに触れる機会が多かったインタク

音楽に合わせて踊ることの楽しさに気づき、「こういう仕事ができたら楽しいだろうな、やってみたい」という思いで数々のK-POPアイドルを輩出しているDEFダンススクールに通い始め、スクール内で開催されたオーディションに合格し、FNCエンターテイメントに入所することになりました。

P1Harmonyのダンサーポジションもつとめるインタクですが、普段から体を動かすことが好きで、ステージを降りた普段の生活の中でも常に体が踊ってしまうそう

過去の番組では、シャワーを浴びている最中にも踊ってしまうと語っており、メンバーを驚かせていました。

【まとめ】【P1Harmony インタク】情熱あふれるラッパー&ダンサー!インタクについて紹介!

引用元:https://twitter.com/@P1H_official
@P1H_official

今回は6人組ボーイズグループP1Harmonyのインタクを紹介しました!

彼らにしかない世界観を音楽で表現し、すでにグローバルで人気を獲得し始めているP1Harmony

P1Harmonyでラッパー、ダンサーをつとめるインタクがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今後の活躍に目が離せません!

P1Harmony

P1Harmonyってどんなグループ?個性的なメンバーやP1HarmonyおすすめのMVを紹介!

【P1Harmonyテオ】甘い歌声が魅力!最年長メンバーのテオについて紹介!

【P1Harmonyギホ】カナダ出身の頼れるリーダー!ギホの素顔や魅力を大公開!

【P1Harmonyジウン】何でもできるオールラウンダー!ジウンの魅力を大公開!

【P1Harmonyインタク】情熱あふれるラッパー&ダンサー!インタクについて紹介!

【P1Harmonyソウル】日本出身メンバー!ダンスが魅力のソウルについて紹介!

【P1Harmonyジョンソプ】頼りがいのあるマンネ!ジョンソプの魅力を大公開!

関連記事

error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。