グルメからおすすめスポットまで♡青い済州西部の旅行コース

韓国ガイド

グルメからおすすめスポットまで♡青い済州西部の旅行コース


秀麗な自然景観と豊富な食べ物でいっぱいな「済州」。

韓国の人々が最も多く訪れる旅行地の一つで、飛行機または船に乗っていかなければならないためにまるで海外旅行にいくようなドキドキする気持ちがわいてきます。

青みの広々とした済州沖合いと涼しい風そして距離ごとに見事に咲いている花は見ると心が何より癒されます。

このように清浄な自然と独特の文化そしておいしい料理で人の心をとらえた済州島は行く度に新鮮でまた訪れたくなる魅力があります。

航空便が多様化されてから週末に済州島を訪れる人たちが増えていますが、1泊2日という短い時間内に済州の魅力を十分に楽しめるコースを用意してみました。

旅行コース①ノルメン

花より団子という言葉があるように済州島に到着すると、まずお腹をいっぱいにしなければなりません。

済州(チェジュ)道で初めて食べる一食はその日のコンディションを左右するほど重要です。

済州初の朝食ではほとんど肉麺を好んで食べます。

ですがもう少し特別な初の朝食を求めるのなら、自他公認のグルメ「ノルメン」をおすすめします。

メニューは海鮮ラーメン。

直接取ったタコとカニ、ムール貝、エビなど海産物をふんだんに入れて青陽唐辛子でカラッとした味を出したのが特徴です。

味も立派ですが、ノルメンの人気の秘訣は済州の海を眺めるとロマンを楽しむことができる雰囲気。

海風を感じながら食べる海鮮ラーメンは絶対忘れられない感動を与えます。

住所:済州道済州市涯月邑涯月路1道24
電話番号:064-799-3332
営業時間:10:00-16:00(火曜日休み)

旅行コース②翰林公園


朝ごはんを簡単に解決した後、最初の旅行地としてはお腹を消化させるがてら余裕に散歩できる「翰林公園」をおすすめします。

済州の自然環境と生活を見られるところで、9つのテーマで構成されて亜熱帯植物園、ヤジャス道、山野草原、溶岩洞窟の挟才窟と双龍洞窟、済州石と盆栽園、サファリ鳥園、財巌水石館、池の庭園、済州の昔の姿をそのまま再現した財巌民俗村などさまざまな済州の姿を一堂で見ることができます。

また、季節によって花フェスティバルを開催するのですが、長くて2~3時間なら公園をすべて見回ることができるというから、家族や友人あるいは恋人と一緒に訪問してみてください!

住所:済州道済州市翰林邑ハンリム路300
電話番号:064-796-0001
営業時間:3~9月(08:30-19:00)/7.15~8.20(08:30-19:30)/10~2月(08:30-18:00)

旅行コース③バブカンペ


済州島のビジュアルグルメというタイトルを保有している「バブカンペ」。

華やかなプレーティングで有名なこのお店は訪問するためには朝早くから熱心に準備しなければなりません。

党の入口側の壁面に貼り付けられている待機票に時間タイム別に予約待機をかけておくことができるので早朝から客で賑わっています。

テーブルごとに注文するここのメイン料理「海女パスタ」は濃く滑らかなクリームパスタにタコ、アワビ、エビ、飛魚の卵がいっぱいにのせられた海産物パスタ。

美味しそうなビジュアルはもちろん、生きているアワビを使って調理するので内臓まで全部新鮮に味わうことができます。

ほかのメニューは「黒豚豆腐カレー」と「トマト唐辛子カレー」があります。

住所:済州道済州市翰林邑ハンリム路4道35
電話番号:064-799-8188
営業時間:11:00~20:00/ブレークタイム15:00-16:00(日,月休業)

旅行コース④山房山&竜頭の海岸

春になれば済州島は咲き乱れる菜の花が黄色く染まります。

旅してみると済州島のいたるところで菜の花を見ることができますが、その中でも山房山(サンバンサン)周辺は、済州島菜の花の最高の名所といわれているところです。

山房山(サンバンサン)を背景に黄色く染まった菜の花畑で春の情趣を満喫できますが、近隣には山房窟史展示館も位置しており、天気が良いときは乗馬体験も可能です。

比較的安い価格帯に楽しむことができるので人気があります。

山房山(サンバンサン)休憩所で10分あまり降りてみると修学旅行の必須コースと呼ばれる「竜頭の海岸」を見つけることができます。

数千万年の時間の中で積もって出来上がった砂岩層で、地質トレイルと海が調和を成して妙な海岸の絶景をなしています。 何よりも青い済州の海をもっと近くで楽しむことができます。

ただし雨が降ったり、風が荒い日には海岸の出入りが統制されるため、あらかじめ電話で確認してから行かなければなりません。

まとめ


いかがでしたか?

今まで、済州島の西部地域の観光コースについて紹介しました。

済州道は韓国のハワイと呼ばれるほど美しい島だから、西部だけでなくさまざまな観光スポットに訪問して癒されるバカンスを送ってみてください!

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は株式会社 K Village Tokyoが運営する韓国情報メディアです。

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

最近の記事

  1. 韓国の食卓に欠かせない! 韓国料理テーブルウェア超入門

  2. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  3. 韓国発トレンドスイーツはこれ!2021年絶対食べたい進化系ワッフル2種♡「クロッフル」と「トゥンワッフル」

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 韓国の食卓に欠かせない! 韓国料理テーブルウェア超入門

  2. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  3. 韓国発トレンドスイーツはこれ!2021年絶対食べたい進化系ワッフル2種♡「クロッフル」と「トゥンワッフル」

  4. 韓国のおうち時間で流行!折りたたんで食べるキンパを作ろう

  5. 渡韓したら次こそチャレンジしたい!韓国伝統茶のご紹介 〜真っ赤な五味子茶を淹れてみよう〜

  6. ロッテワールドのすぐ近く!韓国制服レンタルショップの이화교복(梨花制服)って?

  1. 韓国の食卓に欠かせない! 韓国料理テーブルウェア超入門

  2. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  3. 韓国発トレンドスイーツはこれ!2021年絶対食べたい進化系ワッフル2種♡「クロッフル」と「トゥンワッフル」

  4. ロッテワールドのすぐ近く!韓国制服レンタルショップの이화교복(梨花制服)って?

  5. 女性にも大人気の韓国焼酎(ソジュ)のチャミスルって?

  6. 2018韓国ドラマ人気NO.1!「キム秘書はいったい、なぜ?」の人気の秘密を徹底解剖!

  1. 韓国の食卓に欠かせない! 韓国料理テーブルウェア超入門

  2. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  3. 韓国発トレンドスイーツはこれ!2021年絶対食べたい進化系ワッフル2種♡「クロッフル」と「トゥンワッフル」

  4. 韓国のおうち時間で流行!折りたたんで食べるキンパを作ろう

  5. 渡韓したら次こそチャレンジしたい!韓国伝統茶のご紹介 〜真っ赤な五味子茶を淹れてみよう〜

  6. 女性にも大人気の韓国焼酎(ソジュ)のチャミスルって?

TOP