本場のチムジルバンはやっぱり気持ちいい!韓国サウナ紹介

韓国ガイド

本場のチムジルバンはやっぱり気持ちいい!韓国サウナ紹介

韓国では、韓国式のサウナ、찜질방(チムジルバン)が人気です。
一般的に日本で知られているサウナやミストサウナとは違い、服を着て入るチムジルバン。

岩盤浴ともまた違う爽快感を味わってみませんか?

チムジルバンとは


チムジルバンとは、韓国で人気のある娯楽施設で、日本の大型銭湯や健康ランド、スーパー銭湯のようなところです。
大浴場とサウナが併設しており、大浴場だけを利用するコースと、サウナも含めて全て利用するコースを選べる場合もありますが、基本的には全て利用するコースを選ぶ人が多いです。
サウナはチムジル服と呼ばれる館内着を着用したまま入ります。
そのため、女性専用フロアに専用サウナが設けられている施設もありますが、基本的には男女混合で同じサウナに入ることができるので、韓国人には家族水入らずで楽しんだり、デートスポットとして利用したり、という認識をされているようです。
大型店舗では、10000~12000ウォンで12時間滞在可能です。
夜間料金もそれほど高くなく、20時以降は15000ウォンほどでやはり12時間滞在可能なのに加え、キャリーケースは受付で預かってくれるサービスがあるので、手ごろな宿泊施設としても利用できます。
休日前に泊りがけで遊びに来ている韓国の若者グループも見かけました。

チムジルバンの入り方


チムジルバンは、入り口で利用料を先払いして、チムジル服を受け取ってから男女別の更衣室に入ります。
更衣室と大浴場は繋がっているので、シャワーを軽く浴び、汗を流してからチムジル服を着ます。
タオルはまとめて置いてあって使い放題の店舗と、追加で使いたい場合は交換代がかかる店舗があるので、先に調べておいた方がよいでしょう。
チムジル服を着たら、男女混合エリアに出ます。
汗蒸幕と呼ばれるドーム型のサウナが並んでいますが、複数のフロアに分かれていることもあるので、好きな種類・温度のところに入り、くつろぎます。
内部の温度はリアルタイム表示の温度計で確かめられます。
体調や気分に合わせて、決して無理のないよう爽やかな汗をかきましょう!
また、汗蒸幕のあるフロアには、ティッシュ箱ほどの大きさの枕が置いてあることがあります。
休憩エリアでのごろ寝だけでなく、汗蒸幕内に持ち込んで寝ころぶこともできます。
クールダウンができる部屋や、酸素ルーム、仮眠室などがあるほか、軽食の販売や漫画、シアタールーム・PCルーム、さらには運動ジムスペースやゲームセンターといった娯楽スペースもあるので、1日中のんびりと過ごせる空間です!
ドライヤーや化粧水、綿棒などは用意されていることが多いですが、シャンプーや石鹸などの消耗品は置かれていないことがあるので、持って行くと無難です。

おすすめチムジルバン施設

日本人に人気なチムジルバン施設は2つあります。

■ドラゴンヒルスパ


ソウル駅から20分ほど離れた龍山駅(영산역・ヨンサンヨク)が最寄りの、大きなチムジルバンです。

サービスはサウナだけにとどまらず、大型ゲームセンターや、夏場は屋外プールまであり、更衣室内で下着や服、水着なども購入できるので、手ぶらで行っても大丈夫です。
入場料は入場時に支払いますが、その他施設内でのサービスはコインロッカーの鍵についたバーコードで支払い、退出時にすべて清算するというシステムです。
女性に優しく、女性専用汗蒸幕や女性専用仮眠室がありますので、女性がひとりで訪れても安心です。
ごろ寝用布団も有料で貸し出しされているので、夜中になるとロビーはごろ寝をする人であふれかえっていて、休日は足の踏み場もないくらいになります。
若者に人気のチムジルバンで、ゲームセンターはゲーム機器の電気が落とされる22時になるまで人の声が絶えません。
賑やかな空間が好きな人にはもってこいのテーマパークといえるでしょう。
外国人案内専用カウンターがあり、説明を日本語や英語で伝えてくれます。
空港へのアクセスも抜群で、仁川空港まで1時間半ほどで到着することができます。

■シロアムサウナ


ソウル駅から徒歩10分という、非常に便利な立地にある人気のサウナです。
落ち着いた雰囲気で、一人で訪れている韓国人もたくさんいます。
汗蒸幕の種類が多いほか、遠赤外線のカプセル形式の低温ルームや、カプセルホテル風の仮眠スペース、酸素ルームもあり、睡眠にはもってこいの環境です。
もちろん女性専用スペースもありますし、スタッフが巡回しているので静かな環境でありつつも、安心してさっぱりと汗をかくことができます。

まとめ

韓国でも人気のサウナ施設をご紹介しました。
ここで紹介した2つの店舗のほかにも、「사우나(サウナ)」もしくは「찜질방(チムジルバン)」と書かれたお店は、似たようなところです。
汗をかいて小腹が減ったときは、売店で売っているゆで卵を食べながら식혜(シッケ)という米から作った甘い飲料を飲むのが韓国式の楽しみ方です。
一度体験してみてはいかがでしょうか?

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は株式会社 K Village Tokyoが運営する韓国情報メディアです。

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

最近の記事

  1. OH MY GIRLって?人気が止まらない人気K-POPガールズグルーを徹底解説!

  2. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. OH MY GIRLって?人気が止まらない人気K-POPガールズグルーを徹底解説!

  2. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  4. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  5. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  6. 韓国ドラマ『mine(マイン)』が話題!豪華な衣装やロケ地3選

  1. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  2. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. 【SF9】SF9って?メンバー全員がモデル級のスタイル!?SF9について徹底解説

  4. 韓国ドラマ『mine(マイン)』って?あらすじ・キャストを紹介

  5. 大逆転アイドル!Brave Girlsって?メンバーやおすすめのMVを紹介!

  6. 【韓国トースト】甘じょっぱいがクセになる!韓国定番朝ごはん「韓国トースト」の魅力

  1. OH MY GIRLって?人気が止まらない人気K-POPガールズグルーを徹底解説!

  2. Stray Kidsを徹底解説!麻辣味グループのメンバーやおすすめのMVを紹介!

  3. TXT(TOMORROW X TOGETHER)ってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  4. 今話題のSTAYCって?メンバーやSTAYCのおすすめのMVを紹介!

  5. ITZYってどんなグループ?個性的なメンバーやおすすめのMVを紹介!

  6. 韓国ドラマ『mine(マイン)』が話題!豪華な衣装やロケ地3選

Twitter by KASIODA

TOP