【ヨ・ジング/ キム・ユジョン/ SF9 / STAYCなど】子役から若きトップスターへ。子役出身俳優・女優・アイドル特集!

韓国ドラマ

【ヨ・ジング/ キム・ユジョン/ SF9 / STAYCなど】子役から若きトップスターへ。子役出身俳優・女優・アイドル特集!

韓国ドラマで欠かせない役割が、子役

主人公の幼少期や少年・少女時代を演じるのは重要な役割です。

しかし厳しい芸能界、子どもの頃から役者として活動し、大人になった今も芸能活動をしている人たちはほんの一握り。

そんなかでもトップスターとして活躍する、韓国の俳優や女優、K-POPアイドルたちがいます。

今回は意外に知られていない子役出身で、現在飛躍している若きトップスターたちを大特集していきましょう!

イ・セヨン

引用元:TPCプレーン公式NAVERサイト
https://bit.ly/3IIoZlm

韓国ドラマ医師ヨハン』や『赤い袖先』など、いまや主演女優として引っ張りだこのイ・セヨンは、5歳から芸能界で活動してきました。

2004年の韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』では主演の子ども時代を演じ、「天才子役」といわれたイ・セヨン。

今では国民的美人女優に成長しました。

プロフィール

■イ・セヨン

■1992年12月20日生まれ

■O型

■162cm

■ドラマデビュー作『大王の道』(1998年 MBC)

引用元:ELLE Korea公式サイト
https://www.elle.co.kr/article/62804

ヨ・ジング

引用元:GQ Korea公式サイト
https://bit.ly/34biYyC

最近では韓国ドラマ『リンク』や『怪物』などの主演でも知られる、人気俳優ヨ・ジング

実力のある優れた演技と作品への没入感は、今や若手ナンバーワンとも言われるトップスターです。

そんなヨ・ジングは2005年映画『サッド・ムービー』で子役として8歳でデビューしました。

当時8歳とは思えないあまりの演技力で、一躍注目された天才ぶり

2008年の韓国ドラマ『イルジメ~一枝梅』でイ・ジュンギの子役として出演したヨ・ジングは、ハン・ヒョジュの子役だったキム・ユジョンとこの時にすでに共演しています。

プロフィール

■ヨ・ジング

■1997年8月13日生

■O型

■177cm

■ドラマデビュー作『レインボーロマンス』(2005年 MBC)

引用元:NEWS ZUM公式サイト
https://news.zum.com/articles/29673008

シン・セギョン

引用元:EDAM Ent.公式サイト
http://edam-ent.com/html/sub03/sub03_0302_view

韓国ドラマ『ハベクの新婦』や『新米士官ク・ヘリョン』に主演している、韓国女優シン・セギョン

透明感があり、ますます磨きがかかっている美人女優さんです。

そんなシン・セギョンも子役出身であり、デビューは1998年歌手ソ・テジのアルバムポスターでデビューしました。

その後、映画やドラマに出演し、主に主演子役としてその美貌を世間に広めていきます。

19歳の時、韓国ドラマ『明日に向かってハイキック』でブレイクし、トップ女優の道へ。

プロフィール

■シン・セギョン

■1990年7月29日

■B型

■164cm

■ドラマデビュー作『名家の娘ソヒ』(2004年 SBS)

引用元:NEWS INSIDE 公式サイト
http://www.newsinside.kr/news/articleView.html?idxno=513072

引用元:DIODEO Korea 公式サイト
https://www.diodeo.com/news/view/32257

キム・ユジョン

引用元:awesome.ent公式NAVER
https://bit.ly/3BfUcvK

韓国ドラマ『雲が描いた月明かり』や『とにかくアツく掃除しろ! 〜恋した彼は潔癖王子!?〜』、『コンビニのセッピョル』など、数々の人気作品に主演している女優キム・ユジョン

子役の頃からかなりのヒット作に出演しているので、子役出身だと知っている方も多いかもしれません。

デビューは4歳の時、お菓子メーカーのCMに出演したのがキャリアスタートです。

その後も子役としてドラマや映画に出演し、韓国ドラマ『イルジメ~一枝梅』では相手役のヨ・ジングとともに「2008年SBS演技大賞子役賞」を受賞しています。

同じく子役出身のキム・ソヒョンとも「2012年MBC演技大賞子役賞」を受賞し、仲良しだそうですよ♪

■キム・ユジョン

■1999年9月22日生

■O型

■164cm

■ドラマデビュー作『氷点』(2004年 MBC)

引用元:ハンス経済公式サイト
https://bit.ly/3PPdoo6

キム・ソヒョン

引用元:CultureDepot公式NAVER
https://bit.ly/3PyzcEy

韓国ドラマ『恋するアプリ Love Alarm シリーズ』や『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』、『ラジオロマンス〜愛のリクエスト〜』の主演でも知られる女優キム・ソヒョン

清楚さと凛とした美しさを併せ持つ、韓国ドラマ界のトップスターです。

そんなキム・ソヒョンは、6歳のころに芸能界デビュー。

くりくりお目目にキュートな表情が印象的な、キム・ソヒョンは子役に引っ張りだこでした。

15歳の頃には音楽番組のMCを2年間務めるなど、若い世代からお茶の間まで幅広い人気を誇ります。

■キム・ソヒョン

■1999年6月4日

■O型

■165cm

■ドラマデビュー作『十分間、あなたの些細な』(2006年 KBS)

引用元:スポーツ東亜公式
https://sports.donga.com/ent/article/all/20131108/58775857/2

ユ・スンホ

引用元:YGエンターテイメント
https://bit.ly/3RZLtnl

韓国ドラマ『メモリスト』や『ボクスが帰ってきた』、『ロボットじゃない~君に夢中!~』などで主演を務め、いまやトップスターであり『国民の弟』ともいわれるユ・スンホ

実はユ・スンホも子役出身なんです♪

デビューは7歳のころ。

幼いユ・スンホの澄んだ目がとても綺麗で、演技力には光るものがあったといいます。

今では、力強い目とクールなビジュアルで世界中を虜にしているユ・スンホです。

■ユ・スンホ

■1993年8月17日

■A型

■175cm

■ドラマデビュー作『カシコギ 父と子が過ごしたかけがいのない日々』(2002年 MBC)

引用元:グローバルエコノミック公式サイト
https://bit.ly/3BdHnBN

SF9 チャニ

引用元:SF9公式Twitter
@SF9official

K-POP界からは人気ボーイズグループ SF9のクールな末っ子、チャニです。

韓国ドラマ『SKYキャッスル』や『シグナル』など話題作に出演し注目を集めました。

グループではメインダンサーとサブラッパーを務め、現在もアイドルと俳優の二足のワラジで活躍しています。

そんなチャニは2009年9歳の時に韓国ドラマ『善徳女王』で子役としてデビューを飾りました。

■カン・チャニ

■2000年1月17日

■A型

■177cm

■ドラマデビュー作『善徳女王』(2009年 MBC)

引用元:Inside Korea公式サイト
https://www.insight.co.kr/news/209826

STAYC パク・シウン

引用元:STAYC公式Twitter
@STAYC_official

数多くのヒット韓国ドラマの子役として、数年前まで活動していたパク・シウン

売れっ子子役として、引っ張りだこでした。

現在はガールズグループSTAYCのメンバーとして、ガラッとイメージチェンジした姿でアイドルに変身!

売れっ子アイドルであるSTAYCメンバーになってからは、アイドル活動に専念しているようですが、またいつかドラマ出演してほしいところ♪

主な出演は韓国ドラマ『30だけど17です』、『六龍が飛ぶ』、『七日の王妃』など多くの作品で主演の子役を務めてきました。

■パク・シウン

■2001年8月1日生

■A型

■159cm

■ドラマデビュー作『プルート分隊』(2014年 EBC)

引用元:デジタル朝鮮日報公式サイト
https://bit.ly/3vcKMwX

《まとめ》【ヨ・ジング/ キム・ユジョン/ SF9 / STAYCなど】子役から若きトップスターへ。子役出身俳優・女優・アイドル特集!

引用元:NEWS ZUM公式サイト
https://news.zum.com/articles/29673008

今回は、子役から活躍している若きトップスターたちを大特集!

イ・セヨンからSTAYCのシウンまで、総勢8人をご紹介していきました

女優や俳優、K-POPアイドルなど、現在も華やかな韓国芸能界という世界で走り続けている彼ら。

これからの活躍も、ますます楽しみですね♪

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

MODULY 韓国情報アプリ

最近の記事

  1. 韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査!

  2. 今更聞けない「MBTI」って結局何?韓国の自己紹介新定番を改めて紹介!

  3. 【セブチ、ジャネット・スー参加OST】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の心華やぐOSTを大特集!

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の魅力的なロケ地を徹底調査!

  2. 今更聞けない「MBTI」って結局何?韓国の自己紹介新定番を改めて紹介!

  3. 【セブチ、ジャネット・スー参加OST】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』の心華やぐOSTを大特集!

  4. 《2022最新》魔女工場人気アイテムランキング4選まとめ

  5. 日本からでも購入可能‼︎韓国の最新「ペアルックファッション」をご紹介♡

  6. 【ヨ・ジング主演】韓国ドラマ『LINK:ふたりのシンパシー』のあらすじや見どころ、キャストをご紹介!

  1. 【NewJeans(ニュージーンズ)】新世代ガールズグループ誕生!NewJeansの魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  2. 絶対行きたい韓国人気テーマパーク7選‼︎2022年に誕生した新スポットも!

  3. 【スタッフ厳選】韓国ドクターズコスメセレクトショップ Me on.(ミーオン)夏におすすめのスキンケア5選♪

  4. 《2022年7月7日オープン》話題の韓国スイーツが「自由が丘スイーツフォレスト」に大集合♡

  5. 【H1-KEY(ハイキー)】2022年デビュー!外面、内面ともに強く美しいH1-KEY(ハイキー)の魅力とメンバープロフィールを紹介!

  6. ドン・キホーテで買える韓国食品おすすめ11選!〜ライター実食レポ付〜

  1. 【NewJeans(ニュージーンズ)】新世代ガールズグループ誕生!NewJeansの魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  2. 絶対行きたい韓国人気テーマパーク7選‼︎2022年に誕生した新スポットも!

  3. 【スタッフ厳選】韓国ドクターズコスメセレクトショップ Me on.(ミーオン)夏におすすめのスキンケア5選♪

  4. 《2022年7月7日オープン》話題の韓国スイーツが「自由が丘スイーツフォレスト」に大集合♡

  5. ドン・キホーテで買える韓国食品おすすめ11選!〜ライター実食レポ付〜

  6. 【今さら聞けない⁉】BTSってどんなグループ?世界的グループのBTSを徹底分析!

Twitter by KASIODA

Kasiodaおススメ

TOP
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。