韓国ドラマ『応答せよ1997』あらすじ、登場人物をご紹介!

韓国ドラマ

韓国ドラマ『応答せよ1997』あらすじ、登場人物をご紹介!

韓国や日本の幅広い世代からファンが多い作品『応答せよ1997』はもう見ましたか?

2020年から2021年にかけて話題になった韓国ドラマ『賢い医師生活』シリーズと同じ制作陣が最初にタッグを組んだ作品がこの韓国ドラマ『応答せよ1997』です!

韓国ケーブルテレビの新たな歴史を作った『応答せよ1997』はそれまでは無名だった方が大スターになるきっかけになったとも言える出演者も多いんですよ。

あらすじや登場人物、見どころをたっぷりご紹介していきます!

韓国ドラマ『応答せよ1997』ってどんなドラマ?

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=7&page=1&p_size=10

作品情報

韓国語表記응답하라 1997
テレビ局tvN
韓国放送期間2012年7月24日~9月18日(全16話)
脚本イ・ウジョン、イ・ソンヘ、キム・ランジュ
演出シン・ウォンホ、パク・ソンジェ

あらすじ

時は2012年ソウル。ここでは釜山の高校の同窓会が開かれています。

久しぶりに会った彼らの中に1組のカップルが結婚を発表しようとしていました。

彼らがどのような高校生活を送っていたのか時は1997年釜山へと遡ります。

韓国ドラマ『応答せよ1997』の登場人物、キャストは?

ソン・シウォン(チョン・ウンジ)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View


アイドルグループH.O.T.のトニー・アンの大ファンで恋愛には無関心。

2012年もトニーへの熱は冷めておらず放送作家になる。

演じているのはアイドルグループApinkのメンバーチョン・ウンジさん

このドラマでドラマデビューでしたがその演技力の高さからその年の賞を多く受賞しています。

ユン・ユンジェ(ソ・イングク)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=5&page=1&p_size=10


シウォンの幼馴染で幼い頃に両親を亡くしてからは兄と共にシウォンの両親にお世話になっている。

司法試験に上位合格し判事になる。

演じているのは今やキス職人とも呼ばれる俳優ソ・イングクさん

放送当時無名だったのが信じられないほど多くの出演作品がありますよね。

カン・ジュニ(ホヤ)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=4&page=1&p_size=10


校内2位の成績の持ち主。女性よりも女性らしい繊細な性格。

2012年は医師になる。

演じているのはアイドルグループINFINITEの元メンバーホヤさん

このドラマで演技デビューしました。

現在は俳優としての活動とソロ歌手としての活動を並行して行なっています。

ト・ハクチャン(ウン・ジウォン)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=3&page=1&p_size=10


ソウルからの転校生。イケメンだが女性の目の前ではうまく話せない。

演じているのはウン・ジウォンさん

驚くことにドラマ内に登場するアイドルSechs Kiesの元リーダーなんです。

年齢もチョン・ウンジさんやソ・イングクさんとは離れているのに同級生役を違和感なく演じていて驚きました。

モ・ユジョン(シン・ソユル)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=2&page=1&p_size=10


シウォンの友人であり一緒にアイドルの追っかけをする仲。

2012年は幼稚園の先生をしている。

演じているのは女優シン・ソユルさん

このドラマで見せた自然な釜山弁の演技力が評価され多くのドラマに出演している女優さんです。

ミュージックビデオなどにも出演しています。

パク・ソンジェ(イ・シオン)

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/7/Board/View?b_seq=1&page=1&p_size=10


とにかく明るいムードメーカー。ずっとしゃべっている。

そのおしゃべりが活かされたのか保険設計士になる。

演じているのは俳優イ・シオンさん

多くの出演作がありますが持ち前のトーク力でバラエティ番組にも多数出演している俳優さんです。

ソンジェのキャラクターはドラマの演出家パク・ソンジェさんをもとに作られたため名前も同じにしたそうです。

韓国ドラマ『応答せよ1997』の見どころは?

見どころ1、アイドルだらけ?

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/6/Board/View?page=3&b_seq=51


おそらくこのドラマ最大の見どころはアイドルに関することがとても多いことです!

それだけアイドル好きの皆さんにとっては魅力たくさんのドラマになっているんです。

ヒロインソン・シウォンを演じているのはApinkのメインボーカルチョン・ウンジさん、カン・ジュニを演じているのはINFINITEのメンバーホヤさん、ユン・ユンジェを演じているソ・イングクさんは俳優デビューの前に2009年「スーパースターK」で優勝し歌手デビューをしています。

ApinkやINFINITEのデビューも2011年、2010年と放送当時はメインキャストがほとんどデビューしたてな上にこのドラマで演技デビューした人が多いんです。

そしてドラマ内ではシウォンは1997年当時大人気だったアイドル「H.O.T.」の大ファン。

同じく大人気だった「Sechs Kies」もストーリーの中で何度も話題に上がります。

メインキャストとして出演しているト・ハクチャン役を演じているウン・ジウォンさんはそのSechs Kiesの元リーダーということでドラマ内でも似てるというセリフがありましたね。

特別出演でシウォンが大ファンのH.O.T.メンバートニー・アンさんも本人役で出演しているんです!

人気を二分していた「H.O.T.」と「Sechs Kies」ファンたちのどっちが上かの対立だったり、シウォンのように地方ファンが必死にアイドルを追いかける様子、勉強そっちのけでアイドルに没頭し両親と喧嘩していたり、首がもげるほど共感した現アイドルファンも多いのではないですか?笑

ちなみにカメオ出演していたシウォンのチャット相手ソウルのオッパを演じていたのはイム・シワンさん。

彼もアイドルグループZE:Aのメンバーだったのでこんなところにもアイドルが出演していました。

見どころ2、懐かしさを感じる1990年代後半

引用元:tvN公式サイト
http://program.tving.com/tvn/reply1997/6/Board/View?page=2&b_seq=66


見どころ2つ目はこのドラマが世代を超えて愛された理由とも言える1990年代後半の描き方です!

韓国釜山が舞台ではありますが、1990年代後半といえばこんな感じだったと懐かしさを感じる場面がたくさん詰まった作品なんです。

日本と韓国で過ごし方の違いはあるものの、学校や家の雰囲気、登場人物たちが持っている小物などでこんな時代だった!と思える部分があるんです。

象徴的なのはまだスマホもガラケーもなかった時代なので連絡がアポケベルだったり、今ではアプリやサブスクでいくらでも聞ける音楽がカセットテープやウォークマンだったり。

そのカセットテープも巻く戻し方が穴に鉛筆を入れてくるくる回していたり。

もしかしたら今の学生たちが見たら信じられない光景なのかもしれませんね。

日本にもネットカフェがありますが韓国にも似たようなものがあります。

ドラマ内でも男子高校生たちが放課後にゲームをしに行くシーンがありましたがそこで出てきた箱に近い形のパソコン

シウォンがソウルのオッパとチャットでやり取りしているパソコンも箱みたいでした。

こんなふうに見ていて「そうそうこんな時代だった」「当時はこれを持っていると羨ましがられたな」なんて思い出が蘇ってくるものをうまく作品に取り込んでいて世代を超えて話のネタになりそうなドラマになっています。

【まとめ】韓国ドラマ『応答せよ1997』あらすじ、登場人物をご紹介!

引用元:abematv
https://asiadrama-ch.abema.tv/posts/3657963/

韓国ケーブルテレビの歴史を塗り替えた韓国ドラマ『応答せよ1997』。

全3シリーズのうち1作品目をご紹介しました。

『応答せよ』シリーズの中でもアイドルの出演者が多かったり、ヒロインがアイドルの追っかけだったり、本人役でアイドルまで出演していたりと時代が違ってもアイドル好きの方ならきっと共感できる部分があるはず!

まだ見たことのない方はぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?

関連記事

特集記事

KASIODA編集部KASIODA編集部

KASIODA編集部

KASIODA(カシオダ)は、韓国の流行りをキャッチする韓国情報メディア。ソウルやプサンなど人気のエリアから話題のカフェやコスメ、観光スポットまで。韓国在住ライター含め韓国情報を更新中!

MODULY 韓国情報アプリ

最近の記事

  1. 韓国ドラマ『コッパダン〜恋する仲人〜』の歴史感じるロケ地を徹底調査!

  2. 【SUPER JUNIORイェソン、ハ・ソンウンなど参加OST】韓国ドラマ『コッパダン〜恋する仲人〜』の恋心揺さぶるOST特集!

  3. 共感の嵐‼︎一度は読んでみたくなるK文学。気になる韓国アイドル愛用読書もまとめてみました♪

新着記事 おすすめ記事 特集記事
  1. 韓国ドラマ『コッパダン〜恋する仲人〜』の歴史感じるロケ地を徹底調査!

  2. 【SUPER JUNIORイェソン、ハ・ソンウンなど参加OST】韓国ドラマ『コッパダン〜恋する仲人〜』の恋心揺さぶるOST特集!

  3. 共感の嵐‼︎一度は読んでみたくなるK文学。気になる韓国アイドル愛用読書もまとめてみました♪

  4. 【ピョン・ウソク】韓国ドラマ『青春の記録』『コッパダン〜恋する仲人〜』出演のイケメン俳優ピョン・ウソクってどんな人!?徹底調査!

  5. 【キム・ミンジェ】『ブラームスは好きですか?』、『コッパダン』に主演のキム・ミンジェってどんな人!?

  6. 韓国アイドル担当の人気メイクアップアーティストが手がけるメイクブラシ事情♪

  1. 【LE SSERAFIM(ル セラフィム)】BTSの妹グループがついにデビュー!LE SSERAFIM(ル セラフィム)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  2. 【決定版】韓国人気雑貨店7選♡定番チェーン店から個人店まで旅行中はここに行け!

  3. 【アン・ヒョソプ】韓国ドラマ『社内お見合い』『アビス』主演のアン・ヒョソプってどんな人!?徹底調査!

  4. 【NMIXX(エヌミックス)ヘウォン 】NMIXXのリーダー HAEWON(ヘウォン )の魅力や経歴を徹底分析します!

  5. 【XG(エックスジー】メンバー全員が日本人!世界を狙うガールズグループXG(エックスジー)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  6. KALDI(カルディ)で買える便利で美味しい♡韓国食品おすすめ9選‼︎

  1. 【LE SSERAFIM(ル セラフィム)】BTSの妹グループがついにデビュー!LE SSERAFIM(ル セラフィム)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  2. 【決定版】韓国人気雑貨店7選♡定番チェーン店から個人店まで旅行中はここに行け!

  3. 【アン・ヒョソプ】韓国ドラマ『社内お見合い』『アビス』主演のアン・ヒョソプってどんな人!?徹底調査!

  4. 【NMIXX(エヌミックス)ヘウォン 】NMIXXのリーダー HAEWON(ヘウォン )の魅力や経歴を徹底分析します!

  5. 【XG(エックスジー】メンバー全員が日本人!世界を狙うガールズグループXG(エックスジー)の魅力とメンバープロフィールをご紹介します!

  6. KALDI(カルディ)で買える便利で美味しい♡韓国食品おすすめ9選‼︎

Twitter by KASIODA

TOP
error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。