【韓国コスメ】涙袋メイクはアイドルだけじゃない!小顔への近道!

韓国美容・コスメ

K-POPアイドルから生まれた涙袋メイク!全員必見!

引用元:Kep1er 公式 Twitter
https://twitter.com/official_kep1er
@official_kep1er

今年は、KPOPヨジャアイドル(女性アイドル)の戦国時代といっても過言ではないほど、盛り上がった1年だったと思います。

様々な歌謡番組で、激しいダンスと圧倒的な歌唱力で魅了するヨジャアイドル。

歌を披露したあと、そのグループの人気メンバーの顔がアップで映されます。

そのことを「エンディング妖精」と呼ぶのですが、「エンディング妖精」を見れば今流行っているメイクが分かるとも言われているのです。

今年の様々なヨジャアイドルのエンディング妖精でもわかるように、今年は「涙袋メイク」が非常に多かったと思います。

今年生まれた新しいメイクは「涙袋メイク」といっても過言ではないでしょう。

引用元:IVE 公式Twitter
https://twitter.com/IVEstarship
@IVEstarship

メイクは、ヨジャアイドルのようにしたくない人も必見です。

なぜなら「涙袋メイク」は目の錯覚で小顔に見える効果があるからなのです。

では、詳しく説明していきます。

涙袋メイク=小顔メイクは今の新常識です!

引用元:dasique公式HP
https://dasique.net

涙袋メイクはKPOPアイドルっぽいから、ちょっと派手かな。年齢的にもっと大人っぽいメイクはしたい。という方も必見です。

上の写真からもわかる通り目の錯覚で目が大きく見え、必然的に頬の部分が小さく見えます。

つまり小顔メイクになるのです。

KPOPアイドルメイクとデイリーメイクの違い

引用元:Kep1er 公式 Twitter
https://twitter.com/official_kep1er
@official_kep1er

私個人としては、KPOPアイドルのような派手でかわいいメイクをしたい派なのですが、勿論そうじゃない方もいます。

どちらにせよ、涙袋を作ったメイクはより小顔でかわいく見えるので、ぜひトライしてほしいということをお伝えしたいのです。

上の写真はいわゆる「THE KPOPアイドルメイク」になります。美声で有名なKep1erのチェヒョンです。

舞台などで照明に負けず、かつ華やかになるように、普段メイクよりは派手な印象のメイクです。

引用元:Kep1er 公式 Twitter
https://twitter.com/official_kep1er
@official_kep1er

こちらの写真は先程と同じKep1erのチェヒョンです。(左側)

(右側はKep1erのオールラウンダー ヨンウンです。)

この写真のメイクですと、先程の写真のメイクと比べ、落ち着いたデイリーメイクの印象です。

このように同じ涙袋メイクでも、メイク方法でいかようにもアレンジできます!

実際どうやるの?コレだけおさえといて!

引用元:dasique公式HP
https://dasique.net

ポイントはズバリ「ラメ」です。

デイリーメイクとして、仕事や学校などに行く際は「ラメ」をいれない方がよく、その方がナチュラルでかつ、小顔に見えます。

dasique(デイジーク)のオールラウンダー的存在、涙袋パレット

引用元:dasique公式HP
https://dasique.net

涙袋メイクアイテムは、パレットタイプからペンシルタイプまで幅広くラインナップされています。

その中でもとくにおすすめの商品をピックアップ致しました。

最初に紹介するアイテムは、dasique(デイジーク)「Shadow Palette #Under Eye Maker アンダーアイメーカー」です。

この商品はアイシャドウパレットではなく、涙袋メイク用パレットとして作られた商品になります。

涙袋メイクだけではなく、1つあると何かと使えるオールラウンダー的存在パレットでもあるのです。

使い方

引用元:dasique公式HP
https://dasique.net

使い方としては、

①パレット左上のアイボリーを涙袋の3分の2に優しく広げます。
②パレット左下のブラウンを涙袋の下3分の2にのせ、陰影を作ります。
③パレット右下のブラウンをパレット左下のブラウンとミックスし、残りの涙袋の下3分の1のアンダーラインをぼかします。
これで完成です!
④お好みで華やかな印象にしたい方は、パレット右上のラメを涙袋ラインにさらにのせると、より輝きが増します。(※この場合まぶた上のアイシャドウは、ラメをいれないほうがより涙袋が引き立つのでおすすめです。)

またこのパレットは、ハイライトやシェーディング、アイシャドウなどとしても使用できます。

パレット自体が小さいので、鼻周りや頬部分などの細かい部分に適しています。

涙袋メイクだけではなく、他の部分にも使えて1つあると本当に便利なので、持ち歩きコスメとしてもおすすめです。

初心者さんはETUDE(エチュード)!とにかく簡単!早い!ペンシル!

引用元:ETUDE 公式HP
https://www.etudehouse.com/jp/ja/

初心者さんにおすすめは、ETUDEキュートアイズメーカーです。

これはとにかく本当に簡単です!慣れると10秒でできるんじゃないかと思います。

初心者さんにはおすすめの商品です。

使い方

引用元:ETUDE 公式HP
https://www.etudehouse.com/jp/ja/

使い方は至ってシンプルです。ラメがついた部分を涙袋さっと塗り、ブラウンのペンシル部分で陰影を作ります。

デメリットとしてはラメ入りになってしまうので、ナチュラルメイク好きの方にはむいていません。

またペンシルの注意点として、陰影を作るブラウンのペンシルを何往復も塗り直さないことです。

これを間違えるとクマっぽくなってしまうので要注意です。

カラーバリエーション

引用元:ETUDE 公式HP
https://www.etudehouse.com/jp/ja/

3種類のカラーバリエーションになっております。

ラメの色、ブラウンのペンシルの色もそれぞれ違います。

ローズシマーはブルベさんにおすすめです。とくにブラウンの色味が絶妙に良く、なかなかない色味になっております。

シャンパンヌードはイエベさんに、ピーチヌードはブルベさん、イエベさん両方におすすめです。

1番色味が薄いのでナチュラルメイクがお好きな方にも使いやすいと思います。

BBIA(ピアー)の涙袋ペンシルで自分だけのお気に入りを!

引用元:BBIA 公式HP
https://www.bbia.co.kr

VIGANでもあるこちらのBBIAのこのペンシルは、色味がたくさんあるアイライナーとして販売されています。

しかし色味的に涙袋メイク用として作られたのではないか、と言われるほど涙袋メイクに適している色味が多いです!

1本1色なので、自分にあった肌タイプ(イエベかブルベ)や好みのメイクなどに合わせて色をセレクトできます。

その自分でチョイスできるというスタイルが、SNSで人気となり、BBIAの商品で1番人気シリーズです。

カラーラインナップ

引用元:BBIA 公式HP
https://www.bbia.co.kr

今回は全色ではなく、涙袋メイクに最適な色味のみご紹介していこうと思います。

まずはこちらの5本の色味です。

写真の左側からLINEN BEIGEとSALMON BEIGE、CREAM BEIGEになります。

こちらは涙袋のベースの色としておすすめです。

太さや柔らかさが絶妙にちょうど良く、涙袋メイクに最適コンシーラーとも呼ばれています。

次に写真の右側からPEANUT BEIGEとALMOND BEIGEです。

涙袋下の陰影部分に一筆で描くのにちょうど良いペンシルになります。

ブルベの方には、このALMOND BEIGEがとくにおすすめです。

様々なメーカーから涙袋陰影用のブラウンのペンシルやパウダーがでているのですが、そのブラウンの色味がイエベさんよりのものが多いのです。

なので、このALMOND BEIGEはブルベさんにはよく似合う色味なので、本当に貴重です。笑

イエベさんはもう1つのPEANUT BEIGEがよく似合うと思います。

ナチュラルなメイクを考えている方は、この5本の中から、自分に合う2本を選ぶとよいでしょう。

引用元:BBIA 公式HP
https://www.bbia.co.kr

涙袋にラメがほしい人は、こちらのラインナップもあります。

写真の下3本、ANGELとROSE GOLD、WEDDING PEACHです。

ラメがほしい方には選択肢が増えるので、さらにメイクの幅が広がりますよね!

自分好みに選ぶことができるというのが、今っぽく、BBIAが支持されているのだと思います。

最後に

引用元:BBIA 公式HP
https://www.bbia.co.kr

今涙袋メイクはアイドルメイクではありません。

生まれたのはアイドルメイクからではあるものの、多くの韓国の方が涙袋メイクがマストメイクになっています。

まだやったことがない方も、新しい涙袋メイクのコスメをお探しの方は、ぜひご参考にしてみてください♪

 

関連記事

error: コンテンツのコピーは禁止されています。参照元としての利用を希望される場合はお問い合わせよりご連絡ください。